5分でわかる!アルヴァ・アアルトの家具や照明たち。

 

「森と湖の国」と呼ばれるフィンランド。

その自然豊かな国のフィンランドを代表する建築家である「Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)」は建築だけでなく、多くの家具や照明なども手掛けています。

今回はそのアルヴァ・アアルトがデザインした家具や照明を紹介したいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TwDesign(@twdesign140)がシェアした投稿

ちなみにアルヴァ・アアルトは本名ではなく、アアルトはフィンランド語で「波」という意味です。

 

アアルト好きなら、映画「アアルト」必見です!

関連記事

ビッグニュースが飛び込んできました!! なんと、映画「アアルト」が日本で公開決定!!  この投稿をInstagramで見る[…]

 

チェア / スツール

まずはチェア・スツールから紹介したいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

北欧家具talo(@talo_scandinavia_furniture)がシェアした投稿

アアルトがArtek(アルテック)のためにデザインしたチェアはどれも魅力的なモノばかり。

 

スツール60

Artek(アルテック)を代表する商品のStool60は1933年にデザイン。

1つは持っておきたい定番のスツール。

デザインに対する並々ならぬこだわりを持っていたアップルの創業者スティーブ・ジョブズも褒めたたえたことでも有名。

スタッキングしたときの佇まいも美しい。個人的には4本脚より3本脚が好きです。

 

 

超人気店・スコープではリノリウムを18色も別注しており大人気です。

私も買いました…

買ってみた!スコープ別注・アアルトスツール60のアッシュ(リノリウム)

関連記事

 【2022年】scope(スコープ)人気ランキングトップ10はこちら。→【2022年】scope(スコープ)人気ランキングトップ10! 遂に買いましたよ…[…]

スコープ別注・アアルトスツール60(リノリウム)

 

無塗装バージョンもあります。私は無塗装にオイルフィニッシュをやってみましたが、これ最高です。

スツール60 座面 オイルフィニッシュ

やってみた!スコープ別注のスツール60(無塗装)にオイルフィニッシュ!

関連記事

 【2022年】scope(スコープ)人気ランキングトップ10はこちら。→【2022年】scope(スコープ)人気ランキングトップ10! 以前、ウルムスツールにオイ[…]

アアルト スツール60 オイルフィニッシュ後 座面(aalto stool60)

 

スツールE60

1934年デザイン。

スツール60との違いは脚が3本か4本という点。安定感をもとめるならこちら。

 

 

おすすめの名作スツールはこちらで紹介してますので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

関連記事

みなさん、スツールは好きですか?座るのはもちろん、サイドテーブルとしても使用できますし、ちょっとモノを飾ったりもできるのでとても便利ですよね。我が家では気付けば少しずつ増えていっており、今後も間違いなく増えていくことでしょう[…]

アアルト スツール60 オイルフィニッシュ後 Lレッグ(aalto stool60)

 

スツールX600

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aki(@helanderbyaki)がシェアした投稿

アアルトレッグの進化系、ファンレッグ(Xレッグ)は曲木で作るアアルトレッグを5本合わせて扇形に成形している。

 

No.65

1935年にデザイン。

ヴィープリ図書館に納品されたため、ヴィープリチェアとも呼ばれています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Empty Apt by Lina Hargrett(@the_empty_apartment)がシェアした投稿

 

No.66、No.68の原型になったモデル。

 

 

No.66

1935年にデザインされた「No.66」

 

先ほどのNo.65より幅広の背もたれを使用しているため、座ったときの安定感があります。

 

 

No.68

1935年にデザイン。

背もたれが細くシャープなため、椅子全体が軽やかな印象。

 

 

No.69

1935年にデザインされたアアルトの椅子でも人気が高い「No.69」

アアルトスタジオではワークチェアとしても使用されていました。

 

個人的にはアアルトのチェアの中では一番好きなモデル。

迷ったらこの椅子を選んでおけば間違いはありません。

 

 

No.69はこちらでも紹介してますので、ぜひあわせてチェックしてみて下さい。

関連記事

 今回は名作といわれる椅子の中でも5万円以内の価格帯に絞って紹介します。名作椅子で5万円以下となるとかなりお得感はありますね。ぜひ椅子探しの参考にしていただければと思います。 5万円以内で[…]

アントチェア
関連記事

今回は北欧を代表する人気の名作椅子を紹介したいと思います。正直、名作椅子が多すぎて選ぶのに困りましたが、・ダイニングやデスクなど普段使いしやすい椅子・名作椅子の中では比較的手を出しやすい価格帯の椅子を[…]

セブンチェア(Seven Chair)

 

K65

1935年デザインされた「No.65」のハイチェア。

ちょっと背があるだけでも座ったときの安心感がだいぶ違います。

カウンターなどで使えるハイタイプの椅子で背もたれ付きのおしゃれな椅子は少ないので、これはおすすめです。

 

 

No.64

1935年デザインのハイスツール。

一番有名なハイスツールと言っても過言ではないでしょうか。

高さは65㎝と75㎝の2サイズ。

 

 

No.611

リネンのウェービングテープを使用したシンプルなチェア。

 

この椅子、実はスタッキングもできるんです。

 

 

ベンチ(153)

1945年デザインのベンチ。

Lレッグを使用した一連のシリーズでは後期のデザイン。

 

ダイニングで使うのもいいですが、個人的には壁につけて置くのも好きです。

アアルト邸ではベッドの脚先に置かれてました。

 

サイズはW112.5cmとW72.5cmの2サイズ。

 

イージーチェア

パイミオチェア(No.41)

アアルトを代表する建築の1つパイミオのサナトリウムのために設計。

フレームも背と座も積層合板を使用。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pamela Karimi(@pamela.karimi)がシェアした投稿

くつろぐためではなく、姿勢を正し結核の症状を和らげる目的でデザイン。

 

 

タンク(400)

幅広のアーム、分厚い座面、低重心の重量感あるデザインからタンク(戦車)という呼び名が付きました。

ゼブラ柄のファブリックもインパクト大です。

 

これに座ってゆっくりコーヒーでも飲みたいですね。

 

 

401

オランダのヘラ・ヨンゲリウスが張地を一新。

座ったときの適度なしなりが抜群の座り心地を生み出しています。

 

 

ラウンジチェア43

曲線が美しいラウンジチェア。

アアルトの名作住宅マイレア邸のためにデザイン。

 

 

テーブル

テーブルは四角や丸など様々なバリエーションがあります。

 

長方形 80A・81B etc

1935年デザイン。

スタンダードな飽きがこないデザインが素敵です。サイズや形状など種類が豊富。

 

デスクとして使うのもいいですね。

 

 

正方形 81C

 

円形  90A・90B・91

丸はやわらかな雰囲気。

 

半円形  95

壁につけて。椅子2脚があれば十分。新婚さん、いかがでしょうか。

 

組み合わせて使用することもできますので、家族が増えたら後々買い足すのもありですね。

 

 

サイドテーブル606

アルヴァ・アアルトの妻「アイノ・アアルト」がパイミオのサナトリウムのために1932年にデザイン。

スチールに丸い天板を載せたシンプルなデザインながらも存在感があるデザイン。

 

現在、現行で販売されているアアルト夫妻の家具ではスツール60に次いでリーズナブル

さらに持ち運びもしやすく使い勝手がいいこともあり、人気があります。

 

 

昨年2022年はデザインされて90周年ということで、パイミオカラーの限定仕様が発売され、数量限定で販売中です。

 

 

ネストテーブル88

北欧家具によく見られるネストテーブルをアアルトもデザインしてます。

 

蟹っぽく見えるのは私だけ?

 

その他

ティートロリー(900)

1937年のパリ万博で発表。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Helena Kaasik(@helenakaasik)がシェアした投稿

アアルトの自邸では花瓶が飾られていました。

天板はタイル仕様。

 

ティートロリー(901)

ティートロリーはもう1種類。

天板がホワイトはラミネートでブラックはリノリウム。

バスケットもありません。

 

 

パーテーション(100)

アアルトの建築の雰囲気を身近に感じられるパーテーション。パイン材を使用。

 

使わない時は丸めて収納することもできるので、急な来客時に部屋を仕切ったりもできます。

 

ベッドフレーム

お洒落なベッドフレームってあまりないですよね。

 

ハーマンミラーから出ているジョージ・ネルソンのシンエッジベッドは好きです。

広島の尾道にある古民家をリノベーションしたホテル「水尾之路」にシンエッジベッドが使用されています。

水尾之路|みおのみち 722-0044 広島県尾道市西久保町15-5 tel 0848-38-9576 mail inf…

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

水尾之路(@mionomichi)がシェアした投稿

 

アンブレラスタンド(115)

この真鍮の感じが素敵。

 

使い込むほどに味が出ていきます。

 

 

112B WALL SHELF

壁掛けのシェルフを付けると、部屋の雰囲気がグッと良くなりますよね。

 

立体感が出るからでしょうか。

 

 

照明

ビーハイブ(A331)

1953~1954年デザイン。

形状からなんとなくわかるように「Beehive」とは「蜂の巣」という意味。

 

アアルト自邸ではリビングで使用されています。

 

 

ゴールデンベル(A330)

1937年、サヴォイ・レストランのためにデザイン。

「Golden Bell(ゴールデンベル)」と呼ばれ、アアルトの照明の中でも一番人気があります。

 

80年以上経った今でも、サヴォイレストランで使われ続けています。カフェなどとの相性も抜群です。

 

 

ゴールデンベルなどの北欧の名作照明はこちらで紹介してます。

関連記事

今回は数ある名作照明の中でも、日本で人気が高い「北欧」の名作照明を紹介します。どれも甲乙つけがたい素敵な照明ばかり。照明探しの参考にしていただければと思います。 5万円以下で購入できる名作照明もまとめてます[…]

関連記事

今回は北欧のシーリングライトを紹介します。名作照明と言われるシーリングライトはそもそも少なく、あったとして電気工事が必要な場合が多々あります。今回紹介するのは特に工事の必要がなく、今の住宅ではほとんど付いている「引っ掛け埋込[…]

 

手榴弾(A110)

形状から付いた名前は「手榴弾」

 

ちょっと恐ろしい名前の照明ですが、照明自体は可愛いですよ。

 

 

ビルベリー(A338)

1950年、ルイ・カレ邸のためにデザイン。

変わった形状はアートを照らす目的でデザインされたため。

 

 

AMA500

1941年に妻のアイノ・アアルトがデザイン。

現在でもアアルト最高傑作といわれるマイレア邸の図書室で使用されています。

 

なんと人気のオンラインショップ「スコープ」には別注色があります。

 

A201


こちらは1950年代にアルヴァ・アアルトがセイナッツァロのタウンホールの図書館のためにデザイン。

アイノがデザインした「AMA550」とも共通性があります。

 

 

エンジェルウイング(A805)

左右非対称の形が天使の羽のように見えることから「Angel Wing(エンジェルウィング)」と呼ばれているフロアランプ。

 

 

A811

ヘルシンキ国立年金会館に採用されたフロアランプのデザインを応用し、1965年にデザイン。

 

雑貨

サヴォイベース

ヘルシンキのサヴォイレストランのため1936年にデザインしたフラワーベース。

MoMAのパーマネントコレクションにも選出されており、今はイッタラから販売されています。優雅な曲線はフィンランドの湖をイメージ。

 

 

MoMAならセールやアウトレットをぜひチェックを。

デザイン好き必見!MoMAのセール・アウトレットは見ないと損!

関連記事

現在、30~50%OFFになるウインターセールを開催中![sitecard subtitle=関連記事 url=https://kagu.tokyo/entry/moma_winter-sale_2212 target=][…]

 

現在、30~50%OFFになるウインターセールを開催中!

Winter Sale 会場はこちら

 

アイノ・アアルトシリーズ

1932年に最初の妻、アイノ・アアルトがデザイン。

水の波紋からインスピレーションを得たリング状のデザインが特徴。元々は製造時にできる気泡を目立たなくするためでもありました。

 

 

イッタラは「GLADD (グラッド)」でも定期的にセールが開催されてます。

GLADD (グラッド)」は人気ブランドがMAX90%OFFの日本最大級のブランド通販サイト。

洋服を中心に食器、キッチンアイテム、インテリア雑貨など、毎日20時からセールが開催されてます。

最大90%OFF!GLADDの毎日開催されているセールは見ないと損!

 

クッション・シエナ

アアルトが1954年でデザインした「SIENA(シエナ)」は規則的でありながらも手描きによる柔らかさが特徴。

 

アアルトが愛したイタリアの都市と建築から着想を得てます。

 

 

生地のみでも購入できます。

このハーフカット(約75㎝×50㎝)は激安ですよ。

 

クッション・H55

北欧のモダンデザインを語る上で最も重要な出来事のひとつともいわれる「H55」はスウェーデンのヘルシンボリで1955年に開催されたデザインの博覧会です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanna Tyvelä(@htyvela)がシェアした投稿

そのH55のためにアアルトの2番目の妻、エリッサ・アアルトがデザイン。

 

 

こちらも生地のみ購入できます。

手先が器用な方は何か作ってもいいですし、ファブリックパネルにしてもいいですね。

 

アアルト・ヴィンテージショップまとめ

アアルトのヴィンテージ家具や照明、雑貨を販売しているおすすめのショップはこちらにまとめてます。

関連記事

アアルトの映画が2023年に公開されることになり、俄然注目が高まる「アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)」今回はそのアアルトの新品ではなく、ヴィンテージ・中古を購入できるショップを紹介したいと思います。どのショップも[…]

 

大人気のアルテックのガチャ

アルテックのミニチュアがあるのを知ってましたか?1個400円と破格です!!これはぜひ一度チェックを!

大人気のアルテック・アアルトのガチャ。設置場所は?お得に買える??

関連記事

アルテック(Artek)のアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)のガチャがすごいことになってますね。手に入れやすい価格帯と愛らしい雰囲気が人気の要因でしょうか。今回はそのアルテックのガチャを紹介したいと思います。[…]

 

「アアルト展」に行った時の話

葉山で開催されたアアルト展に行った時の話です。最高でした。

関連記事

遂に待ちに待ったこの日が。。神奈川県立美術館、葉山館で開催中の「アルヴァ・アアルト展」に行ってきました。逗子駅に到着。 逗子駅前からバスで15~20分。 […]

アアルト

 

映画「アアルト」

映画「アアルト」必見です!

関連記事

ビッグニュースが飛び込んできました!! なんと、映画「アアルト」が日本で公開決定!!  この投稿をInstagramで見る[…]

 

おすすめの名作家具・照明まとめ

おすすめの名作家具・照明はこちらで紹介してますので、ぜひあわせてチェックしてみて下さい。

【北欧】名作椅子特集

関連記事

今回は北欧を代表する人気の名作椅子を紹介したいと思います。正直、名作椅子が多すぎて選ぶのに困りましたが、・ダイニングやデスクなど普段使いしやすい椅子・名作椅子の中では比較的手を出しやすい価格帯の椅子を[…]

セブンチェア(Seven Chair)

 

【日本】名作椅子特集

関連記事

 今回は日本を代表する人気の名作椅子を紹介します。どれも素敵な椅子ばかりですので、ぜひ椅子探しの参考にしていただければと思います。 名作椅子が好きな方はぜひこちらの北欧の椅子特集もあわせて[…]

柳宗理 バタフライスツール

 

【~5万円】名作椅子特集

関連記事

 今回は名作といわれる椅子の中でも5万円以内の価格帯に絞って紹介します。名作椅子で5万円以下となるとかなりお得感はありますね。ぜひ椅子探しの参考にしていただければと思います。 5万円以内で[…]

アントチェア

 

【~5万円】スツール特集

関連記事

みなさん、スツールは好きですか?座るのはもちろん、サイドテーブルとしても使用できますし、ちょっとモノを飾ったりもできるのでとても便利ですよね。我が家では気付けば少しずつ増えていっており、今後も間違いなく増えていくことでしょう[…]

アアルト スツール60 オイルフィニッシュ後 Lレッグ(aalto stool60)

 

【~5万円】名作照明特集

関連記事

※価格改定【2/13~】FLOS(フロス)[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kagu.tokyo/entry/flos_230213-price-revision target=[…]

 

おわりに

いかがでしたか。

アアルトがデザインした家具や照明、雑貨はデンマークのハンス・J・ウェグナーやボーエ・モーエンセンなどともまた違った雰囲気があって素敵です。素朴というか、土着的というか。

これから日本でももっと人気が出てきそうな予感がするのは私だけでしょうか。

まぁ、今でも十分人気なんですけどね…

 

アアルトについての記事はこちらにまとめてます。

 

aalto
最新情報をチェックしよう!