【5分でわかる】ボーエ・モーエンセンとは。代表作J39などの名作椅子や家具を解説。



2024年の新作5種が早速アウトレット価格で販売中!

【J39】アウトレットはこちら


 

北欧・デンマークを代表する家具デザイナー Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)

モーエンセンはハンス・J・ウェグナーやアルネ・ヤコブセンと比較するとやや地味な存在で、玄人向けな作品が多いのも彼の特徴。

そんなモーエンセンですが、実はハンス・J・ウェグナーとは親友でもあり、良きライバルでもありました。同じ時期にこの2人が活躍し、しかも親友というのは驚きですね…

それではボーエ・モーエンセンの生涯と代表作を紹介したいと思います。

 

他にもウェグナーやヤコブセン・アアルトなどもまとめていますので、ぜひこちらも併せてチェックしてみてください。

「5分でわかるシリーズ」

 

目次

Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)とは

ボーエ・モーエンセンとは

1914年 デンマーク・ユトランド半島の北部オルボーで誕生。

1930年 (16歳) 木工職人のもとに弟子入り。

1934年 (20歳) 木工マイスターの資格を取得。

※当時のデンマークでは、家具を作る勉強をしてからデザインを学ぶのが一般的。

1936~38年 (22~24歳) コペンハーゲン美術工芸学校に入学。この時、ハンス・J・ウェグナーと出会う。

 

1938~41年 (24~27歳) デンマーク王立芸術アカデミー・家具科に進学し、コーア・クリントのもとで学ぶ。この時、コーア・クリントとモーエンス・コッホの事務所でアシスタントとしても勤務。

 

1942年 (28歳) デンマーク生活協同組合FDBの家具部門の開発トップに就任。

引用:http://fdbmobler.jp/wp/about/

※FDBはデンマーク生活協同組合連合会(Fallesforeningen for Danmarks Brugsforeninger)の略称。

1866年に設立されたこの組織は、一般の人々の日常生活に寄与することを目的にスタートした協同組合。

 

1944年 (30歳) 長男ピーターが誕生。名付け親はハンス・J・ウェグナー。ピーターズテーブル&チェアのピーターです。

ピーターズチェア

関連記事

今回紹介するのは、ボーエ・モーエンセンに子どもが生まれた時のエピソードです。まぁ、私はこの話が大好きで大好きで... モーエンセンの子どもの名前を付けたのは誰か知っていますか? […]

ピーターズチェア

 

 

同年、J4、J6チェアをデザイン。

ボーエ・モーエンセンがデザインしたFDBのJ6
イギリスのウインザーチェアをリデザインした「J6」

 

1945年 (31歳) ハンス・J・ウェグナーとキャビネットメーカーズギルド展にスポークバックソファを出展。

モーエンセンとウェグナーの共作スポークバックソファ

 

1947年 (33歳) シェーカー家具をリデザインしたモーエンセン最大のヒット作「J39」をデザイン。

ボーエ・モーエンセンがデザインしたJ39

 

1950年 (36歳) 独立して、自身のデザイン事務所を開設。ギルド展でハンティングチェアを発表。

 

1955年 (41歳) フレデリシアの社アンドレアス・グラバーセンと出会い協力関係が始まる。

 

1958年 (44歳) ギルド展でスパニッシュチェアを発表。ゲントフテに自邸を建設。

ボーエ・モーエンセンがデザインしたスパニッシュチェア

 

1969年 (55歳) ユトランド半島北部にサマーハウスを建てる。

1972年 (58歳) 脳腫瘍のため死去。

 

ボーエモーエンセンのDVD

モーエンセンのことならこのDVDはおすすめです。

謎に包まれたモーエンセンの素顔が明らかに。

関連記事

北欧家具を語るうえで欠かせないのが、「Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)」そのドキュメンタリー映画があるのをご存知ですか?日本語字幕付きのDVDとして発売されています。[sitecard subtitle=[…]

ボーエモーエンセンのDVD

 

代表作

1940年代

J6 チェア

ボーエ・モーエンセンがデザインしたFDBのJ6

1944年にFDBモブラーから発表したFDB初のオリジナル家具シリーズの1つ「J6」

イギリスのウインザーチェアをリデザインしたコムバック(櫛型)タイプ。

 

J4 チェア

こちらもFDBから発表した最初のオリジナル家具シリーズの1つ「J4」は、ボウバック(弓型の背もたれ)に曲木を使用。

脚や座面も含め、全体的に丸いデザインが優しい印象を与えます。

 

J18 チェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

FDB Møbler(@fdbmobler)がシェアした投稿

背もたれからアームまでが一体となったデザインの「J18]は、丸い座面が愛らしい雰囲気。

「J18」詳細はこちら

 

スポークバックソファ / The Spoke-Back Sofa(Model 1789)

モーエンセンとウェグナーの共作スポークバックソファ

1945年にデンマーク家具の展示会「ギルド」に出品した「スポークバックソファ」は、親友であり良きライバルでもあったハンス・J・ウェグナーとの共作。

関連記事

Yチェアの2024年の限定モデルが4/2~販売スタート!人気のオンラインショップ「CONNECT」では ポイント10倍!→「Yチェア ミニ」詳細はこちら さらにYチェアは全仕[…]

5分でわかる!ハンス・J・ウェグナーとは。

 

片側は角度を調整できるようになっているという他ではあまり見ることがない遊び心あるデザイン。

「スポークバックソファ」詳細はこちら

 

J52 J52G チェア

1947年にデザインした「J52」は、J6の座面やアーム先端のスピンドル部分などを一部を改良。

ブランド初のポスターや広告にも採用されたFDBモブラーの顔とも言える作品。

「J52」詳細はこちら

 

「J52」をデザインした際にロッキングタイプ「J52G」もデザイン。

ロッキングチェアはどっしりとしたものが多い中、この「J52G」はどこかかわいらしい雰囲気。

日本ではあまり一般的ではないですが、北欧家具ではよくロッキングチェアを見ますね。

「J52G」詳細はこちら

 

 J39 シェーカーチェア / Shaker Chair

1947年、FDB在籍時にデザインした「J39」は、ボーエ・モーエンセン最大のヒット作。

シェーカーチェアをリデザインした「J39」は、決して華美ではありませんが、どこか惹きこまれる美しさがあるモーエンセンらしさが詰まった1脚。

 

普遍的なデザインはいつまで経っても褪せることはなく、スタンダードとはまさにこのこと。

 

ボーエ・モーエンセンがデザインしたJ39

デンマーク家具の父コーア・クリントにFDBの開発トップを任されたのも期待の表れだったのではないでしょうか。

 

ボーエ・モーエンセンがデザインしたJ39

FDBから Kvist(クヴィスト)に製造が映り、現在では FREDERICIA(フレデリシア)から販売されています。

北欧家具を代表する名作椅子の1つ。

「J39(シェーカーチェア)」詳細はこちら

 

北欧の名作椅子はこちらでも紹介しています。

関連記事

今回は北欧を代表する人気の名作椅子を紹介したいと思います。正直、名作椅子が多すぎて選ぶのに困りましたが、・ダイニングやデスクなど普段使いしやすい椅子・名作椅子の中では比較的手を出しやすい価格帯の椅子を[…]

北欧のおすすめのデザイーナズチェア・名作椅子まとめ

 

現在、J39は1947年発表当時の植物(sedge)草編み座面を使用した「限定仕様」が販売中。

モーエンセン自身も自宅で愛用した特別仕様。

 

二度と手に入らない貴重な限定モデル。しかも通常仕様より価格が安いので、この機会をお見逃しなく!

【限定仕様】J39 詳細はこちら

 



2024年の新作5種が早速アウトレット価格で販売中!

【J39】アウトレットはこちら

 

C18 シェーカーテーブル / Shaker Table


1947年にデザインした「C18 Mogensen Shaker Table(モーエンセン シェーカーテーブル)」

 

飾り気のないシンプルなデザインでありながら、T字脚は出入りがしやすく、足元も広く使えるという用と美どちらも兼ね備えたテーブル。

J39やベンチなどとの相性も抜群。現在は FREDERICIA(フレデリシア)から復刻されています。

「シェーカーテーブル」詳細はこちら

 

J41 J42 チェア

 ウインザーチェアの流れを汲んだ「J41」はモーエンセンらしい実直なデザインが特徴。

 

やや広めの間隔で取り付けられた背のスピンドル。

決して一過性で終わらないモーエンセンのデザインはまさにロングライフデザイン。

 

現在は HAY(ヘイ)から復刻、販売されており、モーエンセンの家具としてはリーズナブル点も人気の理由。

「J41」詳細はこちら

 

アームタイプの「J42」もあります。

「J42」詳細はこちら 

 

HAYをお得に購入したい方必見!

関連記事

HAY(ヘイ)は2002年に Rolf Hay(ロルフ・ヘイ)がデンマークにて設立し、2003年のケルンフェアでデビューした、北欧デンマークの人気インテリアプロダクトブランド。「よいデザインはあらゆる人の権利である」という理念のもと[…]

HAYのセール・アウトレット情報

 

リーズナブルな名作椅子ならぜひこちらも。~5万円で購入できる名作椅子はこちらにまとめてます。

関連記事

今回は名作といわれる椅子の中でも5万円以内の価格帯に絞って紹介します。名作椅子で5万円以下となるとかなりお得感はありますね。ぜひ椅子探しの参考にしていただければと思います。 [afTag id=45834][…]

5万円以下で購入できるデザイナーズチェア・名作椅子特集

 

J27 スツール

 

この投稿をInstagramで見る

 

FDB Møbler(@fdbmobler)がシェアした投稿

シンプルで飾り気がない「J27」スツールは、国民のために安価で良質な家具を提供することを目的としたFDBモブラーらしいデザイン。

「J27」詳細はこちら

 

P9 P10 P11 子ども用家具 / Children’s furniture

 

この投稿をInstagramで見る

 

FDB Møbler(@fdbmobler)がシェアした投稿

丸みを帯びたデザインが愛らしい子ども用の家具シリーズ。

デザインとしてはもちろん、ぶつけた時に痛くないように丸くしているところにモーエンセンの優しさを感じます。

「P9 チェア」

「P10 テーブル」

「P11 ベンチ」

 

プライウッドチェア / Plywood Chair

1949年にキャビネットメーカーズギルドに出品されたプライウッドチェア。

当時の最先端の技術の1つ「成型合板」を使用したシェル型の背もたれが特徴的。

成型合板といえば、アルネ・ヤコブセンのアントチェアが1952年のデザインなので、それよりも早い時期に発表。

関連記事

2024年12月31日まで、セブンチェアの中でも最上級の張り込み仕様「フルパディング」のキャンペンーン開催中。通常価格184,800円(税込)が期間限定で20%OFFの147,840円(税込)で販売中。→[…]

5分でわかる!アルネ・ヤコブセンとは。

 

J45 チェア

先ほどのチェアの延長線上にあるデザインの「J45」は、より座面が高いダイニングタイプ。

ダイニングチェアですが、適度に傾斜していることで、安定した座り心地。1950年にデザイン。

「J45」詳細はこちら

 

1950年代

ハンティングチェア / The Hunting Chair(Model )


1950年、独立後に初めてデザインした「The Hunting Chair(ハンティングチェア)」

FDBモブラー時代は、良質なデザイン・品質のものを低価格で提供するという制約の中でモノづくりを行っていましたが、独立後は一気にデザインの幅を広げます。

 

Erhard Rasumussen(エアハルト・ラスムッセン)で製造され、「ハンティングロッジ」をテーマに開催されたキャビネットメーカーズギルドで発表した「ハンティングチェア」は、スペインの中世のアンダルシアの家具にインスピレーションを得てデザイン。

 

贅沢に使用された厚革と座がそのまま後ろ脚になるデザインがそれまでにはないデザインで注目を浴びました。

一時期製造されていませんでしたが、現在は FREDERICIA(フレデリシア)から復刻されています。

「ハンティングチェア」詳細はこちら

 

BM1160 ハンティングテーブル / The Hunting Table


ハンティングチェアと同時期にデザインされた「 BM1160 HUNTING TABLE (ハンティングテーブル)」

 


天板と脚をつなぐ支柱にはモーエンセンにしては珍しい金属を使用。

異素材を組み合わせることで、軽やかさがでてスタイリッシュな印象を受けます。

「ハンティングテーブル」詳細はこちら

 

ソボーチェア / Soborg Chair(Model 3050)



1950年にデザインした「Soborg Chair(ソボーチェア)」

機械での生産を前提としていたため、背と座には成型合板を使用。

 

ハの字にまっすぐ伸びた脚がスタイリッシュなイメージを与えます。

「ソボーチェア」詳細はこちら

 

チェア(Model 3237 3238)

ハンティングチェアの翌年、1951年にデザインしたチェア。

ハンティングチェアの延長線上にあるこの椅子も厚革が特徴的。長く使い込むことで唯一無二の風合いになります。

 

No.1ソファ(Model 201)


モーエンセンはフレデリシアのために数多くの作品をデザインしてますが、こちらは1955年にフレデリシアで初めてデザインしたソファシリーズ「201」

ボーエ・モーエンセンの生誕100周年を記念して、2014年に復刻。

 

フレデリシアでの初のデザインということで「No.1ソファ」と新たに命名されました。

「No.1ソファ」詳細はこちら

 

チェア(Model 3236)

J39をリデザインした「Model 3236」は1956年にフレデリシアから発表。

 

貫の数を減らし、座面にレザーを使用することでより高級感ある仕上がりに。

 

ベンチ(Model 3171)

先ほどの3236チェアのベンチシートタイプ。

一切の無駄がないスッと伸びた背と座のシャープな雰囲気が何とも言えない美しさ。

 


背もたれ付きのベンチでこれに勝るものは他に存在しないではと思わせる完成度の高いベンチ。

「3171ベンチ」詳細はこちら

 

背もたれなしの名作ベンチはこちらで紹介してます。

関連記事

ベンチは使ってますか?もし、使っていない方は人生損をしてます。とはちょっと大げさですが、ベンチがある生活はいいですよ。一般的にはダイニングテーブルに合わせて使うと思いますが、個人的には窓際に置いたり、壁につけてちょっと座った[…]

名作特集ベンチ編

 

イージーチェア / Easy Chair(Model 2254,2256)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MOTO FURNITURE(@moto_furniture)がシェアした投稿

1956年に Erhard Rasumussen(エアハルト・ラスムッセン)から発表し、その後フレデリシアで製造されたイージーチェア。

4本脚ではなく面で支える畳摺りのデザインが特徴的で、座面をスライドさせることで背もたれがリクライニングするという仕組み。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

BRICKS(@bricksweb.jp)がシェアした投稿

ロータイプもあります。

横から見た時の四角のフレームと座・背の曲線の対比が美しい。

現在は廃番になっていますが、ぜひ復刻してほしいイージーチェア。

 

Boligens Byggeskabe

1958年に女性建築家でロイヤルコペンハーゲンのブルーラインやジョージ・ジェンセンのコペンハーゲンなどのデザインを手掛けた Grethe Meyer(グレーテ・メイヤー)と共同でデザインしたモジュール型の収納システム

 

スウェーデンの DANEL(ダネル)から発表。

私はこの本「scandinavian modern」に掲載されていたグレーテ・メイヤーの自邸(上記画像)で使われていたこの収納システムを見て、何と美しいのだろうかと衝撃を受けたのも今でもはっきりと覚えています。

モーエンセンの家具のショールームのようなメイヤーの自邸はとにかく素晴らしく、2人の良い関係性が伝わってきます。

 

BM61,BM62 チェア(Model 3261,3262)



1957年に P.Lauritsen(P.ラウリトセン)から発表され、現在はフレデリシアから復刻されている籐張りのチェア。

細く美しいフレームと籐張りが見事なこのチェアは端正なプロポーションが魅力的。

 

先ほどのイージーチェアのアームと脚を彷彿とさせるデザイン。

 


畳摺りのデザインは、洋室だけでなく和室での使用にも適しています。

旅館などにもマッチしそうな日本的な雰囲気も感じる椅子。

「BM61(アームレス)」詳細はこちら

「BM62(アームあり)」詳細はこちら

 

スパニッシュチェア / Spanish Chair(Model2226)

1958年にスペインの貴族が使用していた一枚革の椅子をヒントにデザインした「Spanish Chair(スパニッシュチェア)」

 

ボーエ・モーエンセンがデザインしたスパニッシュチェア

幅広のアームと厚革のボリューム感がインパクト大。

車の普及で当時移動手段だった馬の馬具を作る職人の仕事が減る中、このレザーの加工で新たな道を進んだ職人もいたとか。

 

ボーエ・モーエンセンがデザインしたスパニッシュチェア

使い込むほどにレザーの質感が増し、ヴィンテージに育てる楽しみがあります。

モーエンセン自身も自宅で愛用したスパニッシュチェアは北欧を代表するラウンジチェアの1つ。

「スパニッシュチェア」詳細はこちら

 

スパニッシュチェアなどの名作ラウンドチェアはこちらで紹介してます。

関連記事

今回の名作家具はラウンジチェア・イージーチェア特集。ダイニングタイプと比べるとサイズ感も大きくなり、様々な制約もなくなることで、各デザイナーの特徴がより発揮されます。国別に紹介してますので、ぜひラウンジチェア探しの参考にして[…]

名作特集ラウンジチェア編

 

BM0865 デイベッド / Daybed

1958年にデザインした「BM0865 デイベッド」は2020年にカール・ハンセン&サンから復刻。

「構築する家具」としてデザインされたこのデイベッドは、時と共に変化するライフスタイルに合わせて、アイテムが追加できるようになっています。



さすがにここまですることはないと思いますが…

「デイベッド」詳細はこちら

 

BM0488 コーヒーテーブル / Coffee Table

デイベッドに合わせてデザインされたコーヒーテーブル。

コの字型の畳摺りのデザインはモーエンセンが多用したデザインの1つ。

 

天板にはラタン(籐)を使用することで、軽やかな印象を受けます。

籐の素材感も素敵ですね。

 

華美ではありませんが存在感がある、まさにモーエンセンらしいテーブル。

「BM088テーブル」詳細はこちら

 

サイドテーブルとしてちょうどいいコンパクトな「BM0488(S)」もあります。

 

名作コーヒーテーブル、サイドテーブルはこちらで紹介してます。

関連記事

人気のデザイナーズ・名作コーヒーテーブル・リビングテーブルをピックアップして紹介します。バウハウスのモダンなテーブルから、アメリカのミッドセンチュリー、北欧、日本の籐のテーブルまで、テイストや素材感も様々。ぜひコーヒーテーブ[…]

名作特集リビングテーブル・コーヒーテーブル編
関連記事

人気の「~5万円で購入できる名作シリーズ」。今回は「サイドテーブル特集」です。サイドテーブル・コーヒーテーブルというとちょっと地味な存在ですが、1つあるととても便利ですし、インテリアとしても空間を埋めてくれる大事なアイテムです。[…]

5万円以下で購入できるサイドテーブル特集

 

BM84 テーブル(Model 6284)

1958年にデザインした「BM84 テーブル」

天板と脚を繋ぐ斜めの材がデザインのポイント。

「BM48テーブル」詳細はこちら

 

BM71 ライブラリーテーブル / Library Table(Model 6271)


1958年にエアハルト・ラスムッセンから発表した「BM71 Library Table(ライブラリーテーブル)」

イギリスのバロック時代の折りたたみテーブルをリデザイン。

 

モーエンセンの手にかかるとバロックのテーブルもここまでシンプルに。

両方を広げると折りたたんだ時の2倍のサイズになります。

「ライブラリーテーブル」詳細はこちら

 

1960年代

BM アウトドアシリーズ / Outdoor Series




1960年にモーエンセンが自邸バルコニーのためにデザインした「BM Outdoor Series(BMアウトドアシリーズ)」

 


無駄な装飾やデザインを行わないモーエンセンらしい普遍的なデザイン。

Carl Hansen & Son(カール・ハンセン&サン)から復刻されています。

「BMアウトドアシリーズ」詳細はこちら

 

アウトドアの名作椅子はこちら。

関連記事

今回はおしゃれなアウトドアチェア特集。アウトドア用といっても、室内でダイニングチェアとして使えるものから折りたたみできるラウンジチェア、オブジェとしても美しいものまでさまざまな種類があります。どれも素敵な名作ばかり。アウトド[…]

outdoor

 

ソファ(Model 2213,2212)

1962年に自邸のためにデザインしたダブルアームが特徴的な「2213ソファ」

 

デンマーク家具の父コーア・クリントの愛弟子でもあるモーエンセンらしい実直でシンプルなデザインのソファ。

クッションにはフェザーがしっかりと入っており、座ると包み込まれるような抜群の掛け心地。

 

控えめな外観からは気品が感じられ、フレデリシアの品質の高さが伝わってきます。

世界中の大使館などでも使用される最高級の名作ソファ。

「2213ソファ」詳細はこちら

 


2シーター(Model 2212)もあります。

 

2213などの名作ソファはこちらで紹介してます。

関連記事

今回はデザイン性高いおしゃれな名作ソファを紹介します。北欧の木質感あふれるソファからスタイリッシュでモダンなソファ、ゆったりとくつろげるソファなどどれも素敵なものばかり。リビングの主役となるソファはインテリアとしても非常に重[…]

名作特集ソファ編

 

ソファ(Model 2209,2208,2207)

 

この投稿をInstagramで見る

 

OLD-DESIGN(@olddesign_galerie)がシェアした投稿

1963年にデザインしたシングルアームの「2209ソファ」

コーア・クリントが1920年代にデザインしたソファの影響を受けており、アームの曲線や背もたれから後ろ脚にかけてのラインが美しい。

 

2シーター(2208)や1シーター(2207)もあります。

 

カンファレンスチェア / Conference Chair(Model 3245)

1962年にフレデリシアから発表した「Conference Chair(カンファレンスチェア)」

成型合板を使用した背もたれのカーブがこの椅子の最大の特徴。

親友であり良きライバルでもあるウェグナーっぽさも感じる1脚。

 

ウイングバックチェア / Wingback Chair(Model 2204)

1963年にフレデリシアから発表したイギリスの伝統的なウイングバックソファをリデザインした作品。

 

クラシックな要素を一切排除し、シャープに仕上げられたこのウイングバックチェアは、横から見た時の曲線が何とも言えない美しさ。

何度もリデザインをし、たどり着いた究極の1脚。

「ウイングバックチェア」詳細はこちら

 

1970年代

キャンバスチェア / The Canvas Chair( Model 2031)



モーエンセンが晩年にデザインした作品の1つでもある「The Canvas Chair(キャンバスチェア)」

1970年にデザインされ、2020年にフレデリシアより復刻。

 


スパニッシュチェアをキャンバス生地で張ったようなデザインですが、よく見ると座と背のフレームが丸棒になっており、軽やかな印象を受けます。

「キャンバスチェア」詳細はこちら

 

クーペソファ / Coupe Sofa(Model 2193,2192)

亡くなる前年の1971年にデザインした「Coupe(クーペ)ソファ」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

OBJEKT B.V.(@objekt.gallery)がシェアした投稿

ハイバックで堂々したフォルムからは威厳すら感じる最高級のソファ。

座ると体全体が包み込まれ、極上のくつろぎを演出してくれます。

 

ソファ(Model 2333)

undefined

引用:https://scandinavian.co.jp/product/mogensen-2333-sofa/

 

モーエンセンがなくなる前にデザインした最晩年にデザインした1つ「2333ソファ」は、彼が好んだ垂直・水平のラインが特徴的。

シェーカーやイギリス、スペインの家具などから影響を受け、最終的にたどり着いたデザイン。

58歳という若さで亡くなっていなければ、これからどんな作品が生まれていたのでしょうか。

「2333ソファ」詳細はこちら

 

まとめ

いかがでしたか。

デンマーク国民のためにFDBで安価で良質な家具を手掛けた時代のモーエンセンの作品と、独立後に一気にデザインの幅が広がったときの作品、どちらも甲乙つけがたい素敵な作品ばかりですね

決して華美ではなく、モーエンセンが好んだ直線的なデザインでもあたたかみを感じるのは、彼の人柄がにじみ出ているのかもしれませんね。

58歳という若さで亡くなっていなければ、まだまだ多くの名作をデザインしていたことでしょう。

欲を言えば、もっとモーエンセンがデザインした家具を見たかった…

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

他にもハンス・J・ウェグナーやアルネ・ヤコブセン、アルヴァ・アアルトについてもまとめてますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

関連記事

Yチェアの2024年の限定モデルが4/2~販売スタート!人気のオンラインショップ「CONNECT」では ポイント10倍!→「Yチェア ミニ」詳細はこちら さらにYチェアは全仕[…]

5分でわかる!ハンス・J・ウェグナーとは。
関連記事

2024年12月31日まで、セブンチェアの中でも最上級の張り込み仕様「フルパディング」のキャンペンーン開催中。通常価格184,800円(税込)が期間限定で20%OFFの147,840円(税込)で販売中。→[…]

5分でわかる!アルネ・ヤコブセンとは。
関連記事

~4/24(水)まで、人気オンラインショップ CONNECT で「デイベッド710」キャンペンーン開催中!期間中は ポイント10倍 + レムノスの時計 カンパーニュをプレゼント!→キャンペーン[…]

5分でわかる!アルヴァ・アアルトとは。

 

モーエンセンならこのDVDはおすすめ!謎に包まれたモーエンセンの素顔が明らかに。

関連記事

北欧家具を語るうえで欠かせないのが、「Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)」そのドキュメンタリー映画があるのをご存知ですか?日本語字幕付きのDVDとして発売されています。[sitecard subtitle=[…]

ボーエモーエンセンのDVD

 

名作家具や照明が好きならぜひこちらも!

関連記事

世界中で愛される人気のデザイナーズ・名作家具や照明をまとめました。それぞれ国やカテゴリー、デザイナー別に紹介してますが、合計すると300点以上になります。まだすべて完成しているわけではありませんが、これからさらに充実させてい[…]

保存版・名作家具・照明特集