【北欧】おしゃれなペンダントライト14選!ダイニングやリビングにおすすめの照明はこれ!

今回は数ある名作照明の中でも、日本で人気が高い「北欧」のおすすめの名作照明を紹介します。

どれも甲乙つけがたい素敵な照明ばかり。照明探しの参考にしていただければと思います。

 

おすすめの名作照明はこちらでも紹介してます。

関連記事

名作照明は世界中に存在しますが、多すぎてどれがいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、おしゃれで人気の名作照明をペンダント・テーブル・フロアランプなどタイプ別に各2~3点ピックアップしました。こ[…]

おしゃれなデザイナーズ照明・名作照明まとめ

名作家具特集はこちら。

関連記事

世界中で愛される人気のデザイナーズ・名作家具や照明をまとめました。それぞれ国やカテゴリー、デザイナー別に紹介してますが、合計すると300点以上になります。まだすべて完成しているわけではありませんが、これからさらに充実させてい[…]

保存版・名作家具・照明特集

 

おすすめのインテリアショップは都道府県別にまとめています。

関連記事

全国のインテリアショップ・家具屋を都道府県別にまとめました。北欧家具などの高級ブランドを扱うショップから、モダンなインテリアを得意とするところやリーズナブルな価格帯のアイテムを揃えるところまで様々。まだすべて制覇できていませ[…]

③ 【名作照明】トップ

【北欧】おすすめの名作照明14選!

PH5 / ポール・ヘニングセン(ルイス・ポールセン)


北欧を代表する照明として真っ先に挙がるのが Louis Poulsen(ルイスポールセン)の「PH5」

ルイスポールセンでも圧倒的人気のペンダントライト「PH5」は1958年にデザインされました。

 

PH5外観

対数螺旋を用いたシェードの曲線が特徴で、半世紀以上も前にデザインされたとは思えない美しさ。

 

PH5外観(点灯)

点灯していなくても十分素敵な照明ですが、明かりをつけると雰囲気がさらに良くなります。

 

PH5フロストガラス(点灯)

光源が直接見えないような工夫がされていたりと、デザインだけでなく機能面もすばらしい照明。

 

PH5クラシック外観(点灯)

私も使用してますが、大人気の照明だけあって、文句なしの最高の照明です。

関連記事

北欧のペンダントライトで圧倒的人気を誇るLouis Poulsen(ルイス・ポールセン)の「PH5 クラシックホワイト」が「住まいの照明ラ・ヴィータ」から我が家に届きました。口コミや評判も良く期待していましたが、期待通り、いや期待以[…]

PH5外観(点灯)

夜、この照明1つで照らしたときの美しさは何とも言えません。

「PH5」商品詳細はこちら

 

現在はグラデーション、パステル、モノクローム、カッパーや直径30cmのミニなどバリエーションも豊富です。

PH5 バリエーション一覧

 


ルイス・ポールセンを購入するなら「住まいの照明ラ・ヴィータ」がおすすめ。

多くの在庫があり、メーカー保証1年+ラ・ヴィータ保証2年の計3年保証、コードリールプレゼントなどのお得な特典があります。

さらにPH5は返品交換7日間無料、電球プレゼント、送料無料など「10」のお得なサービスがあります。

住まいの照明ラ・ヴィータ公式サイトはこちら

少しでもお得に購入したいという方は、アウトレットもあるので、ぜひチェックしてみてください。

現在、箱にダメージがあるだけで、中身は新品のPH5が159,500円 → 151,525円で販売中!

アウトレット商品一覧

 


すでに販売を終了しているルイスポールセンの2023年限定モデルを発見!

「PH 2/2 Luna Table Lamp(ルナ テーブルランプ)」


 

 

VL45 ラジオハウスペンダント / ヴィルヘルム・ラウリッツェン(ルイスポールセン)



高級感ある乳白色のガラスシェードと真鍮の組み合わせが美しい照明。

デザインしたVilhelm Lauritzen(ヴィルヘルム・ラウリッツェン)は、デンマークの機能主義建築を代表するモダニスト建築家の一人。

彼の事務所にはフィン・ユールも在籍していました。

 



「ラジオハウスペンダント」は、1941年に竣工したデンマーク国営放送局(ラジオハウス)のためにデザイン。

 



乳白ガラスからぼんやりとやわらかく照らす光が美しい照明。

ペンダント上部には無塗装の真鍮が使用されているので、経年変化を楽しむことができます。

 



サイズは直径17.5cm(40W)、25cm(100W)、37cm(100W)の3サイズ。

ガラスの質感含め、この雰囲気にしてはリーズナブルなのも人気の理由。

「VL45ラジオハウスペンダント」商品一覧

 


デザイナーズ照明をお得に買いたい方必見!


ルイス・ポールセンなどの名作照明の展示品や廃番商品がアウトレット価格で販売中!他にもお得なアイテムが多数あるのでぜひチェックを!

「CONNECT」アウトレットはこちら


 

 

AJロイヤル / アルネ・ヤコブセン(ルイス・ポールセン)



デンマークを代表する建築家 Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)が1957年デンマーク・コペンハーゲンにあるSASロイヤルホテルのためにデザインした「AJ ROYAL(ロイヤル)」

関連記事

デンマークを代表する建築家 Arne Jaconsen(アルネ・ヤコブセン)ヤコブセンはセブンチェアやエッグチェア、スワンチェア以外にも多くの家具や照明をデザインしているのを知っていますか。SASロイヤルホテルや市庁舎、学校[…]

5分でわかる!アルネ・ヤコブセンとは。

 



半円上のシェードは下方への光はもちろん、上部にはルーバーがあることで上方向にも光が漏れ、空間全体を美しく照らしてくれます。

 



ヤコブセンの美学が詰まった美しいペンダントランプ。

PH5同様、ダイニング上で低めに吊るすと素敵ですね。

「AJロイヤル」詳細はこちら

 

アルネ・ヤコブセンについてはこちらで詳しく紹介してます。

関連記事

デンマークを代表する建築家 Arne Jaconsen(アルネ・ヤコブセン)ヤコブセンはセブンチェアやエッグチェア、スワンチェア以外にも多くの家具や照明をデザインしているのを知っていますか。SASロイヤルホテルや市庁舎、学校[…]

5分でわかる!アルネ・ヤコブセンとは。

 

AJロイヤルシリーズのテーブル・フロアランプはこちらで紹介してますので、あわせてどうぞ。

関連記事

テーブルランプは使っていますか?テーブルランプは間接照明として購入する方も多く、点灯している時はもちろん、点灯していない時もオブジェとして空間を彩る重要なアイテム。ただ、いざ探そうと思ってもたくさんありすぎて、どれがいいかわ[…]

【テーブルランプ編】おすすめのデザイナーズ・名作照明まとめ
関連記事

今回はフロアライト・スタンドライト特集。フロアライトは照明の中でもサイズが大きく、明るさはもちろんインテリアとしても非常に重要なアイテム。オブジェとして美しいかどうかも大きな決め手になります。今回紹介する照明は点灯し[…]

【フロアランプ編】おすすめのデザイナーズ・名作照明まとめ

 


ルイス・ポールセンを購入するなら「住まいの照明ラ・ヴィータ」がおすすめ。

多くの在庫があり、メーカー保証1年+ラ・ヴィータ保証2年の計3年保証、コードリールプレゼントなどのお得な特典があります。

住まいの照明ラ・ヴィータ公式サイトはこちら

少しでもお得に購入したいという方は、アウトレットもあるので、ぜひチェックしてみてください。

アウトレット商品一覧


 

 

ワークショップランプ / ヴェデル・マッドソン(メイド バイ ハンド)

ヴィンテージで根強い人気を誇る「The workshop lamp(ワークショップランプ)」

1951年に A.Wedel Madsen(ヴェデル・マッドソン)がデザインし、約40年間ルイスポールセンで製造されていましたが廃番になり、2014年にデンマークの「MADE BY HAND(メイド バイ ハンド)」が待望の復刻。

 

華美な装飾がなく、どのような空間にも合わせやすいシンプルな形状で、カラーはブラックとホワイトの2色展開。

こんなに使いやすい照明がルイスポールセンで廃番になったのが不思議なぐらいですね。

「ワークショップランプ」詳細はこちら

 

ザ・ペンダント / ハンス・J・ウェグナー(パンダル)

デンマーク家具の巨匠 Hans J Wegner(ハンス・J・ウェグナー)が1962年にデザインした「The Pendant」

この照明は自邸のダイニングのためにデザインされました。

 

こちらがウェグナーの自邸…

「The Pendant」とPP701の組み合わせ、最高ですよね。これを見て、好きになった方も少なくないと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pandul(@pandul_lighting)がシェアした投稿

シェード下にハンドルをつけて上下に調節できるようになっており、状況に合わせてテーブル上の灯りをコントロールできます。

使う人のことを考えた、いかにもウェグナーらしい照明。

Louis Poulsen(ルイス・ポールセン)で製造されていましたが、現在はデンマークの PANDUL(パンダル)に移っています。

「The Pendant」詳細はこちら

 

ハンス・J・ウェグナーについてはこちらで詳しく紹介してます。

関連記事

2024年はウェグナーの生誕110周年ということで、2024年限定仕様のYチェアが登場!→【2024年限定】Yチェア詳細はこちら 人気のインテリアショップ「CONNECT」では、Yチェアが […]

5分でわかる!ハンス・J・ウェグナーとは。

 

ヤコブソンランプ / ハンス・アウネ・ヤコブソン(ヤマギワ)

スウェーデンの Hans Agne Jakobsson(ハンス・アウネ・ヤコブソン)がデザインした「JAKOBSSON LAMP(ヤコブソンランプ)」

販売しているのは日本の照明メーカー「YAMAGIWA(ヤマギワ)」で、材料となるパイン材は北欧から輸入し、日本で製造しています。

ヤコブソンランプが日本で作られているのは、日本人としてはとても嬉しいことですね。

 

パイン材からぼんやりと透けて光る感じにはまる人が続出。

ヤコブソンランプは天然木を使用しているので、時間が経つにつれ深い色合いになるのもこの照明の人気の理由。

 

人気のペンダントランプは2種類。こちらは直径44cm100W相当のLEDを1つ使用できます。

一般的な4人掛け程度のダイニングテーブルではこちらでも問題ありません。

「323F-218」商品詳細はこちら

 

こちらは直径54cmと先ほどより10cm大きいタイプ。

電球も100W相当のLEDを3つ付けることができます。大きめのテーブルに合わせて使用する場合や明るさをしっかり確保したい方にはこちらがおすすめ。

シェードの高さはどちらも39cmです。

「323F-217」商品詳細はこちら

 

ヤコブソン・テーブルランプ

種類も豊富でペンダントランプ以外にもテーブルランプやフロアスタンド、シーリングランプ、シャンデリアなど様々なバリエーションがあります。

カール・ハンセンなどの天然木を基調とした北欧家具とも相性抜群。

ヤコブソンランプ商品一覧

 

ヤコブソンランプについてはこちらで詳しく紹介してますので、ぜひあわせてチェックしてみて下さい。

関連記事

北欧好きの方なら、どこかで見たことがあるのではないでしょうか。今回はJakobsson Lamp(ヤコブソンランプ)特集です。ヤコブセンではありません、ヤコブソン。Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセ[…]

ヤコブソンランプ

 

フラワーポット / ヴァーナー・パントン(アンド トラディション)

デンマークの奇才 Verner Panton(ヴェルナー・パントン)がデザインした &Tradition(アンドトラディション)の「Flowerpot(フラワーポット)」

1960年代後半、ベトナム反戦を訴えた「フラワーパワー運動(武器ではなく花を)」が商品名の由来。

 

2つの重なり合うシェードは、パントンらしいやわらかな曲線が特徴的で、直接光源が見えないようにデザインされています。

 

ヴァーナー・パントンがデザインしたフラワーポット

カラーバリエーションが多いのもパントンの特長で、多灯吊りするとより雰囲気が出ますね。

「フラワーポット」詳細はこちら

 

持ち運びしやすいポータブルタイプもあります。

 

おすすめのポータブルライトはこちらで紹介してます。

関連記事

今回はデザイン性が高いおすすめのポータブルライトを紹介します。ポータブルライトの良さはなんといっても充電式でコードレスなので、好きな場所に持って行って使えるところですね。とはいっても、通常は持ち運ばずに間接照明としても使えるのも人気[…]

 

スカイフライヤー / ユキ・ヌンミ(イノルクス)

中国生まれのフィンランド人 Yki Nummi(ユキ・ヌンミ)が1960年にデザインした通称「スカイフライヤー」

正式名称の「Lokki(ロッキ)」は、フィンランド語で「かもめ」という意味。


2枚の同じ形のアクリルシェードを上下にチェーンで固定するというシンプルな構造ながらも、一度見たら忘れられない特徴あるデザイン。

 



サイズは「S(直径50cm)」と「L(直径70cm)」の2種類。

個人的には 直径70cmのLのバランスが好きです。

ただ、70cmはダイニングにはちょっと大きいので、リビング用として使う方が良さそうです。

 

形が丸ではないため、光のグラデーションを楽しむことができるのもこの照明のいいところ。

ミラノトリエンナーレに3度もノミネートされた名作照明。

※3/1~スカイフライヤーは価格改定します。

関連記事

残念なお知らせです...プリアチェアやウルムスツール、アカプルコチェアなどの名作椅子や照明が価格改定します。2024年3月1日(金)~新価格となりますので、対象商品を一部紹介します。購入を検討している方はこの機会をお見逃しな[…]

ウルムスツール等価格改定

「スカイフライヤー」詳細はこちら

 

ゴールデンベル / アルヴァ・アアルト(アルテック)


フィンランドを代表する建築家 Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)が1936年にサヴォイ・レストランのためにデザインし、翌年に発表した「Golden Bell(ゴールデンベル)」

 

直径17cmと小ぶりながらも、シェード下部には均等に穴が開けられていたりとこだわりを感じる照明。

アアルトの照明の中でも一番の人気者。

 


素材は1枚の真鍮から作られており表面を塗装した A330S(左) と、表面を無塗装にした A330S SAVOY(右)があります。

きれいな風合いを保ちたい場合は塗装された A330S 、経年変化による味わいを楽しみたいなら無塗装の A330S SAVOY(サヴォイ)がおすすめ。

サヴォイレストランでは、80年以上経った今でも使われ続けています。自宅での使用はもちろん、カフェなどとの相性も抜群ですね。

 

真鍮以外にもホワイトやブラック、クロームもあります。

ゴールデンベル商品一覧

 

ゴールデンベルなど、名作ペンダントランプはこちらで紹介してますので、ぜひあわせてチェックしてみて下さい。

関連記事

今回はペンダントライト特集。照明の中でも特に重要なのが、このペンダントライト。ペンダント1つで空間の印象が大きく変わるので、ここは惜しまずにお気に入りの照明を必ず見つけましょう。北欧からバウハウス、イタリア、アメリカ[…]

【ペンダントランプ編】おすすめのデザイナーズ・名作照明まとめ

 

ビーハイブ / アルヴァ・アアルト(アルテック)


1953年、アルヴァ・アアルトがデザインした「蜂の巣」の愛称で親しまれている「BEEHIVE(ビーハイブ)A331」

 

等間隔に刻まれたスリットから漏れる光がシェードを包み込むように照らします。

 

上下に開口があるので、光が上下に程よく拡散され、特にスリットからこぼれる光が良いアクセントになります。

 

ゴールデンベルと比べるとサイズ感も大きく、ややゴージャスな印象。

 

ブラックもありますが、圧倒的にホワイトが人気。

「BEEHIVE」詳細はこちら

 

アアルトがデザインした照明はゴールデンベルやビーハイブ以外にもたくさんの照明があります。

アアルト・アルテック照明一覧

 

アルヴァ・アアルトについてはこちらで詳しく紹介してます。

関連記事

「森と湖の国」と呼ばれるフィンランド。その自然豊かな国のフィンランドを代表する建築家である「Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)」は建築だけでなく、多くの家具や照明なども手掛けています。今回はそのアルヴァ・アアルトが[…]

5分でわかる!アルヴァ・アアルトとは。

 

サイナスライン / ポール・クリスチャンセン(レ・クリント)

デンマークの照明でルイスポールセンに次いで知名度が高いのが「LE KLINT(レ・クリント)」

日本の折り紙にヒントを得てデザインしたのが始まり。現在でも1つ1つ手作業で織られています。

 



レクリントの中でも一番有名なのが、PoulChristiansen(ポール・クリスチャンセン)がデザインした「172シリーズ」、通称「SINUS LINE (サイナスライン)」です。

一度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。

 



美しい曲線は、数学的な関数のサインカーブをモチーフにデザイン。

1灯でも十分ですが、サイズ展開も豊富なので多灯吊りするのもおすすめです。

「サイナスライン」詳細はこちら

 


デザイナーズ照明をお得に買いたい方必見!


ルイス・ポールセンなどの名作照明の展示品や廃番商品がアウトレット価格で販売中!他にもお得なアイテムが多数あるのでぜひチェックを!

「CONNECT」アウトレットはこちら


 

 

ランタン / コーア・クリント(レ・クリント)

もう1つレクリントから。

デンマーク家具の父と言われる Kaare Klint(コーア・クリント)がレクリント創業の翌年にデザインした「LANTERN(ランタン)101」シリーズ。

 

レ・クリント(LE KLINT)

規則正しいプリーツが美しく、やわらかく照らす幻想的な雰囲気が高級感漂います。

 

このフルーツランプはレ・クリントのロゴマークの一部にもなっているレクリントを象徴する照明の1つ。

「ランタンシリーズ」詳細はこちら

 

レクリントには他にも多くのバリエーションがあります。

レ・クリント商品一覧

 

レ・クリントについてはこちらで詳しく紹介してます。

関連記事

今回はレ・クリントについて。北欧の照明と言えば、真っ先にLouis Poulsen(ルイス・ポールセン)の名前が挙がると思いますが、その次に有名なのがLE KLINT(レ・クリント)ではないでしょうか。「クリント」と言えば、[…]

レ・クリント(LE KLINT)

 

セミペンダント / クラウス・ボンデラップ&トルステン・ソーアップ(グビ)

1968年に当時建築学生だった Claus Bonderup(クラウス・ボンデラップ)と Torsten Thorup(トルステン・ソーアップ)がデザインした「「SEMI PENDANT」」

 

曲線が美しいこのペンダントは、よく見ると1/4の円を2つ組み合わせた形状。

1980年代には大ヒットし、当時デンマークで最もよく売れたデザインとなり、世界的にも有名になりました。

 

セミペンダントは、ダイニングテーブルの上に吊るすのが一番雰囲気がいいですね。

発表当初は Fog & Morupでしたが、現在はデンマークの GUBI(グビ)が復刻しています。

「セミペンダント」詳細はこちら

 

オリエント / ヨー・ハーマボー(フリッツ・ハンセン)



1963年に Jo Hammerborg(ヨー・ハーマボー)によってデザインされた「ORIENT(オリエント)」

 



流線型のデザインと木材のバランスが美しいオリエントはヴィンテージでも目にすることがある人気の照明。

ヴィンテージが好きな人なら、一度は見たことがあるでしょう。

 



シェード上部から漏れるように設計された光がデザインのポイントにもなっており、シェード下部には柔らかな光が拡散するようデザインされています。

「オリエント」詳細はこちら

 

フリッツハンセンのセール・アウトレット情報はこちら。

関連記事

北欧家具ブランドといえば、真っ先に挙がるメーカーの1つ「 Fritz Hansen(フリッツハンセン)」どれも魅力的なアイテムですが、価格も決して安くはなく、購入するにはハードルが高いですよね。そこで今回は現在開催中のセール[…]

 

【保存版】名作家具・照明特集

照明はカテゴリー別に詳しく紹介してますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

おしゃれなデザイナーズ照明・名作照明まとめ

【保存版】おしゃれなデザイナーズ・名作照明まとめ

 

名作家具特集はこちら。

保存版・名作家具・照明特集

【保存版】世界の名作椅子・家具・照明まとめ

 

セール・アウトレット情報

名作照明や家具をお得に買いたいはぜひこちらも。セールやアウトレット情報をまとめてます。

関連記事

現在、インテリアショップや家具屋の実店舗やオンラインショップで開催されているセール・アウトレット情報をまとめてます。随時更新してますので、ぜひ定期的にチェックしていただければと思います。 X 旧Twitte[…]

セール

 


デザイナーズ照明をお得に買いたい方必見!


ルイス・ポールセンなどの名作照明の展示品や廃番商品がアウトレット価格で販売中!他にもお得なアイテムが多数あるのでぜひチェックを!

「CONNECT」アウトレットはこちら


 

 

おすすめのショップまとめ

都道府県別におすすめのインテリアショップやアンティークショップをまとめていますので、ぜひこちらもあわせてチェックしてみてください。

 

【都道府県別】インテリアショップ・家具店まとめ

関連記事

全国のインテリアショップ・家具屋を都道府県別にまとめました。北欧家具などの高級ブランドを扱うショップから、モダンなインテリアを得意とするところやリーズナブルな価格帯のアイテムを揃えるところまで様々。まだすべて制覇できていませ[…]

 

【都道府県別】アンティークショップ・古道具店まとめ

関連記事

全国のアンティークショップ・ヴィンテージショップ・古道具屋を都道府県別にまとめました。近くのアンティークショップを調べたり、旅行の際などにぜひ活用いただければと思います。 インテリアショップも都道府県別にま[…]

都道府県別アンティークショップ・古道具屋まとめ

 

まとめ

いかがでしたか。

好みの照明はありましたでしょうか。

ヤコブソンランプは日本で作られていたり、レクリントは折り紙にルーツがあったりと日本との関わりが深いのは嬉しいですね。

北欧の照明は、デザインはもちろん、実用性も高いので人気が衰えることはないでしょう。

照明探しの参考になれば嬉しいです。