TAG

ルイス・ポールセン

  • 2018-12-05

後世に残る名作となるか。ルイスポールセンの「PH5 copper(カッパー・銅)」

まずはこちらをどうぞ。   そうなんです。 今年はルイスポールセン(Louis Poulsen)を代表するこの3つがデザインされて60周年なんですよ。   PH アーティチョーク   PH スノーボール   PH5   すごいと思いませんか。 この3つが同じ年にデザインされていたなんて。。 驚きです。 その60周年を記念して、新しく商品が登場してま […]

  • 2018-12-04

買いました?ルイスポールセンの「PH3/2 table アンバー」

まずはこれを見てください。 かっこいいですよね。   通常はこちらです。 こちらでも十分素敵です。   今回は限定ということで、真鍮とアンバーガラスバージョンで限定300台です。   ルイス・ポールセンのHPに詳しく掲載されてます。 Limited Edition PH 3/2   そろそろ売り切れるんじゃないかな。 ちなみに私は真鍮とアンバーガラスは大好物 […]

  • 2018-06-30

ヤコブソンランプはアルネ・ヤコブセンの照明ではありません。

2020年5月10日更新。 北欧好きの方なら、どこかで見たことあるんじゃないでしょうか。 今回はJakobsson Lamp(ヤコブソンランプ)特集です。 ヤコブセンじゃないですよ、ヤコブソンです。 Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)ではなく、Hans Agne Jakobsson(ハンス・アウネ・ヤコブソン)です。 アルネ・ヤコブセンはデンマークですが、ハンス・アウネ・ヤコブソンは […]

  • 2018-06-20

LE KLINT(レ・クリント)とは

今日はレ・クリントについて。 北欧の照明と言えば、真っ先にLouis Poulsen(ルイス・ポールセン)の名前が挙がると思いますが、その次に有名なのがLE KLINT(レ・クリント)ではないでしょうか。 KLINT(クリント)と言えば、そうです、あの人が関係してるんですよ。   北欧の照明ならこちらも。スウェーデンのヤコブソンランプ。     LE KLINT(レ・クリント) 1901 […]

  • 2018-05-01

ルイスポールセン・パントンの照明「LamPetit」

はい、これ、ヴァーナー・パントンの照明です。   LamPetitという名前です。 デザインは1966年。 一応、メーカーはLouis Poulsen(ルイス・ポールセン)なんですよね。 パントンというと、 Panthell(パンテラ)とか   VERPAN(ヴァーパン)のVP GLOBE 50(VP グローブ)が有名ですが、これは見る機会がほとんどないので、知っている人はあま […]

  • 2018-03-29

家具も大事だけど、照明も大事なんです。

今回はちょっと家具は一休みをして、照明について綴りたいと思います。 皆さんはどんな照明を使ってますか?   北欧家具好きの人であれば、PH5率はかなり高そうですね。 家具がいくらかっこよくても照明一つですべてが台無しになるぐらい照明は大事だと思います。 もしかして、その辺りの電気屋さんで売っている天井付のシーリングを付けたりしてないですよね? 明るさが取れて便利なんですが、一室一灯だと空 […]