剣持勇の代表作は?名作椅子などについてまとめました!

ジャパニーズ・モダンの提唱者「剣持勇」

あの有名なヤクルトの容器からニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選ばれる椅子のデザイン、数々のインテリアを担当するなど多くの功績を遺しました。

その剣持勇の生涯、名作家具を紹介したいと思います。

 

剣持勇とは

1912年 東京生まれ

1932年 東京高等工芸学校木材工芸科(現千葉大学工学部デザイン科)を卒業後、商工省の工芸指導所に入所

1933年 来日したドイツ人の建築家ブルーノ・タウト氏のもとで椅子などの研究を行う

 

この投稿をInstagramで見る

 

TSUKAPONG(@tsuka_pong)がシェアした投稿

 

1950年 イサム・ノグチに工芸指導所内に制作場を提供し、竹の椅子を共同で製作。

1952年 イサム・ノグチの紹介で渡米し、チャールズ・レイ・イームズジョージ・ナカシマと交流。同年、渡辺力氏や柳 宗理氏らと共に、日本インダストリアルデザイナー協会の設立に協力。

1955年 剣持デザイン研究所を設立

1958年 香川県庁舎のインテリアを担当、壁画は猪熊弦一郎(設計:丹下健三)

 

1961年 戸塚カントリークラブ、ホテル熱海ガーデンのインテリアを担当(設計:丹下健三)

1964年 国立代々木競技場の貴賓室のインテリアを担当

1964年 ラタンチェアがニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションに日本の作品としては初めて選定

 

1966年 国立京都国際会館のインテリアを担当(設計:大谷幸夫)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matz(@you_matz)がシェアした投稿

 

1968年 乳酸菌飲料「ヤクルト」のポリスチレン容器をデザイン

 

1968年 日本航空の航空旅客機ボーイング747のインテリアを担当

1971年 京王プラザホテルのインテリア総括顧問を務める。同年、死去。

 

代表作(家具)

No.202

1958年デザイン(秋田木工)

これまでに125万脚以上も販売された名作スツール。秋田木工の曲木の技術を活かした軽くて丈夫なスツールは長年愛される人気商品。

2013年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。

 

当時の日本の狭い住宅事情を考慮してデザイン。使わない時はスタッキングもできる優れもの。

日本の歴代のスツールで最も販売されたスタッキングスツール。

 

 

丸椅子(ラタンチェア)

1960年デザイン(山川ラタン/YMK)

剣持勇作品の代名詞にもなっている優雅な曲線が美しい籐椅子。これぞジャパニーズモダンといえる作品。

戦後初の国際観光ホテルとして計画されたホテル・ニュージャパンのためにデザインされました。

1964年にニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションに日本の作品としては初めて選定された世界的にも評価の高い椅子。

1966年にはグッドデザイン受賞。

 

スツールなどのバリエーションもあります。

 

アームチェア207

1960年デザイン(秋田木工)

 

ハンス・J・ウェグナーも参考にしたとされる「圏椅(クワン・イ)」を剣持勇もリデザインしています。

 

こちらがその「圏椅(クワン・イ)」(デンマーク工芸博物館にて)

剣持勇は無駄をそぎ落として、他にはない美しいデザインのラウンジチェアに仕上げました。

 

プライウッドチェア 3048(カブトチェア)

1961年デザイン(天童木工)

戸塚カントリークラブのクラブハウス用にデザインされた張りぐるみのチェア。

アルネ・ヤコブセンのセブンチェアの影響を感じさせる立体的なデザイン。当時の最先端の技術を貪欲に学び、吸収した剣持勇の姿勢が伺えます。

 

サイズは3サイズでこちらは中。先ほどのは小。

 

こちらは大。アームが座面の前面まできてます。ベンチタイプは圧巻ですね。

 

当時は張りぐるみタイプのみしかありませんでしたが、後に技術の進歩によりヌードタイプも製品化。

一時廃番になるも1999年には表面をメープル材にして復刻。

 

この椅子はなんとミニチュアになってます。他にも長大作の低座椅子やリングスツールなどもあります。これ、買いですよ!

天童木工のガチャ!ミニチュア家具がお得すぎる!

関連記事

皆さん、ミニチュアは好きですか?私はどうかって?はい、好きです。 家具は好きですか?私はどうかって?はい、好きです。 ということは、私がミニチュア家具に興味[…]

 

柏戸椅子

1961年デザイン(天童木工)

当初、丹下健三が設計した熱海ガーテンホテルのロビーのためにデザインしたラウンジチェア。

杉の根元の分厚い材をブロック状にし、それを削り出すという何とも贅沢な椅子。

 

この投稿をInstagramで見る

 

天童木工(@tendo_mokko)がシェアした投稿

重さは何と約70キロ。これは大変そう。。

表面は木目を浮きだたせるうづくり仕上げにすることで表情豊かに。

横綱昇進の柏戸関に贈られたことで「柏戸椅子」と呼ばれるようになりました。まさに横綱にはピッタリの椅子ですね。いや、70キロなので、横綱には軽いかな…。

 

 

haco

1961年デザイン(天童木工)


国立京都国際会館のロビー用にデザインされた「haco」シリーズ。

ソファやラウンジチェア、コーヒーテーブル、サイドテーブルがあり非常に人気が高かったことから、その後1964年には一般にも販売されるように。

成形合板を使用した本体の曲線が特徴的。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

天童木工(@tendo_mokko)がシェアした投稿

テーブルの天板の縁の立ち上がりも美しい。

 

 

ベンチ・スツール

1965年デザイン(天童木工)

香川県立体育館のためにデザインされたベンチ・スツール。

円形のベンチ・スツールは柏戸椅子のような無垢の寄木が特徴的。

旧香川県庁舎に同じものがありました。ここはぜひ一度見学を。無料でしかもガイド付きで回れます。

香川・高松旅①旧香川県庁舎は丹下健三の最高傑作?!

関連記事

香川県高松市に行ってきました。高松といえば、「うどん!」と思ったら大間違いです。実は素敵な建物や美術館があるんですよ。今回の旅ではその素敵な建築や美術館などを余すことなく、たっぷりとご紹介したいと思います。こちらもあわせてど[…]

香川県庁舎

 

バンクチェア

1967年デザイン(コトブキ)

FRP製のサイドチェア。

この類のシェルチェアといえば、チャールズ・レイ・イームズが有名ですね。

そのイームズとも親交があった剣持勇がコトブキでデザインしたこの椅子は丸みがある柔らかなデザインが特徴。

1967年にグッドデザイン賞、翌年1968年にはロングライフデザイン賞を受賞。

ナガオカケンメイさんのプロジェクト、60ビジョンでコトブキ60としても復刻されましたが、現在は残念ながら廃番に。

EXPO(万博)ベンチ

1970年デザイン(コトブキ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

シラカバ(@shirakanba)がシェアした投稿

大阪万博のためにデザインされた日本初の屋外用のベンチ。座面はFRP製。

 

座卓

1968年デザイン(天童木工)

こんなに美しい座卓は他にあるのかと思わせる脚の曲線が特徴的な座卓。

天板の四方は縁を立ち上げた「水返し」が施されており、それがさらに上質な雰囲気を醸し出しています。

座卓も剣持勇の手にかかるとここまで素敵な作品に仕上がります。

 

 

チェントロ

天童木工

 

 

京都国際のためにデザインしたチェアをその後、ソファに応用。

成形合板の特徴を活かした丸みのあるデザインが素敵なソファ。座面はやや浅く、程よい硬さのため、しっかりと座ることができます。

 

 

代表作(家具以外)

ヤクルト

1968年デザイン

誰もが一度は飲んだことがあるヤクルト。

それまでのガラス容器からプラスチックに変わるときに剣持勇がデザイン。

 

カトラリー SASA

1964年デザイン(佐藤商事)

無駄な装飾を一切排除した笹シリーズ。しなやかな笹の葉を想像させるスプーン・フォーク・ナイフは美しいフォルムが特徴的。

 

 

タワー灰皿セット

1964年(佐藤商事)

内側のカラフルな色調が特徴的な灰皿。

 

おわりに

いかがでしたか。

プロダクトからインテリアまで様々な仕事を手がけた剣持勇。59歳という若さで亡くならなければ…と多くの人が悔やんだことでしょう。

ジャパニーズモダンの提唱者、今後も目が離せませんね。

 

剣持勇をもっと知りたい方はぜひこの本を。

 

天童木工のことを知りたいならこちらも。

 

先ほどの本も情報満載ですが、こちらはさらにマニアック。