ルイスポールセンのPH5モノクローム・ブラックが我が家に!

Louis Poulsen(ルイスポールセン)のPH5モノクロームのブラックを手に入れました…

実はCasaのプレゼント企画で当選したんです、ビックリですよね…

 

PH5と言えば、

こちらのPH5クラシックが有名ですが、今回手に入れたのは2020年秋に発売された内部以外を1色でマット塗装した「Monochrome(モノクローム)」です。

それでは早速紹介したいと思います。

 

PH5 Monochrome(モノクローム)

 

箱のポール・ヘニングセンが渋すぎる…

 

箱を開けるとこんな感じ。

しっかりと梱包されてますねー、って当たり前か。LED電球も入ってます。

 

じゃん!

モノクロームのブラックです!

 

今は廃番になってしまったPH50のような艶はなくマットな仕上げです。

 

モノトーンなので、定番のクラシックと比較してもやや大人っぽい雰囲気ですね。

 

どこから見ても白と黒。

 

下から見ても美しい。さすがポール・ヘニングセン。

 

次は実際に点灯してみたいと思います!

当たり前ですが、点灯した時の方がグッと雰囲気は良くなりますね。

 

この上から光が漏れる感じがいいですね。

 

横からも美しい。

 

高さはルイスポールセンの推奨ではテーブルから60㎝の高さ。

ソケットを回すと電球位置も変更できます。

 

今はフロストガラスですが、昔はシェードと同じ素材で光が透過してませんでした。

 

このやわらかな光は何とも言えませんね。

 

 

カラーは今回入手したブラック・ホワイト・ブルーの3色展開。

 

合わせやすいのはシンプルなホワイトですかね。ブラックは落ち着いたシックな雰囲気を好む方におすすめ。

ブルーは何と合わせたら素敵なんでしょうね…ちょっとポップなインテリアにしたいときとか??

 

PH5シリーズ

PH5は今回紹介したモノクローム以外にもまだまだあります。

Classic White(クラシック ホワイト)

1958年にデザインされた説明不要のクラッシック。北欧・デンマーク照明の定番中の定番。

 

Modern White(モダン ホワイト)

より柔らかい雰囲気を好む方はこちらもおすすめ。

 

Gradation(グラデーション)

ブルー、グリーン、レッド、オレンジ、ローズ、グレーの6色展開。

PH5がデザインされて60周年を記念して2018年に発表。

 

Copper(銅)

異素材を使ったものもあります。

2018年に発表したホワイトと銅を組み合わせたバージョン。

後世に残る名作となるか。ルイスポールセンの「PH5 copper(カッパー・銅)」

関連記事

まずはこちらをどうぞ。 そうなんです。今年はルイスポールセン(Louis Poulsen)を代表するこの3つがデザインされて60周年なんですよ。 PH アーティチョ[…]

 

Brass(真鍮)

ポール・ヘニングセン生誕125周年を祝して2019年に発表。

ヴィンテージが好きな方には経年変化を楽しめる銅や真鍮がおすすめです。

 

PH5 MINI(ミニ)

通常PH5(写真左)は直径50㎝ですが、ミニ(写真右)は30㎝です。

2017年に発表。

ミニは可愛らしい雰囲気ですね。カウンターなどにも良さそうです。

 

これからも限定などが出たりするんでしょうね、楽しみです。

 

おわりに

いかがでしたか。

PH5恐るべしですね。バリエーションの多さにもビックリです。

照明1つで部屋の雰囲気もガラッと変わりますので、みなさんもお気に入りのPH5を手にしてはいかがでしょうか。