後世に残る名作となるか。ルイスポールセンの「PH5 copper(カッパー・銅)」

まずはこちらをどうぞ。

 

そうなんです。

今年はルイスポールセン(Louis Poulsen)を代表するこの3つがデザインされて60周年なんですよ。

 

PH アーティチョーク

 

PH スノーボール

 

PH5

 

すごいと思いませんか。

この3つが同じ年にデザインされていたなんて。。

驚きです。

その60周年を記念して、新しく商品が登場してます。

 

PH5 copper

PH5と言えば普通よく見るのはこちらですよね。

PH5クラシック。

 

普遍的な美しさですよね。

今では見る日がないと言うぐらい、と言うと少々大げさですが、日常的によく目にするようになりましたよね。

そのPH5が誕生して60周年ということで、新しく仲間が加わりました。

ちなみに50周年は艶っとしたハイグロス仕上げでしたね。

個人的にはあまり好きではありませんでした。。笑

 

今回はこれです!

メインシェードとリフレクターがカッパー(銅)です。

何と言っても銅の部分が無塗装なんです!

経年変化が楽しみでしょうがないですよね。

 

 

PH5  mini もありますよ。

いつものPH5では物足りない方には、今回のカッパータイプはおすすめです。

 

これで終わりではありません、もう1つ60周年で発売されたのがこちら。

 



PH Artichoke(アーティチョーク)真鍮

出ました。

真打の登場。

説明不要の名作「アーティチョーク」です。

 

こちらは銅ではなく、真鍮のヘアライン仕上げ。

 

カッコいいとしか言いようがないです。

これが経年変化したらとてつもなく渋い、大人な照明になるんでしょうね。

ちょっと値段が高すぎて手は出ませんが、いつかはサクッと買ってみたいものです。

まぁ、無理でしょう。

地道に頑張ります。

では、今日はこのあたりで。

 

ルイスポールセンならこちらもチェック!

関連記事

まずはこれを見てください。かっこいいですよね。 通常はこちらです。こちらでも十分素敵です。 今回は限定ということで、真鍮とアンバーガラスバージョンで[…]

IMG

 

照明繋がりということで。こちらもお見逃しなく! 

関連記事

今日はレ・クリントについて。北欧の照明と言えば、真っ先にLouis Poulsen(ルイス・ポールセン)の名前が挙がると思いますが、その次に有名なのがLE KLINT(レ・クリント)ではないでしょうか。KLINT(クリント)と言えば[…]

関連記事

2020年5月10日更新。北欧好きの方なら、どこかで見たことあるんじゃないでしょうか。今回はJakobsson Lamp(ヤコブソンランプ)特集です。ヤコブセンじゃないですよ、ヤコブソンです。Arne[…]

ヤコブソンランプ

 

ちょっと古いですがこの本はおすすめですよ!