【美術館レポ】フィン・ユールとデンマークの椅子展が最高すぎる!

東京都美術館で開催されている「フィン・ユールとデンマークの椅子」を観てきました。

ハンス・J・ウェグナーやボーエ・モーエンセンなどとは一線を画した独特な造形美が特長の「フィン・ユール(Finn Juhl)」

元々、美術史家を目指していたこと、家具を専門としていたウェグナーたちと違い建築家だったことなどが影響しているのは間違いないでしょう。

 

フィン・ユールの椅子

今回、多くの貴重な作品を見ることで、フィン・ユールの素晴らしさを改めて実感しました。

 

デンマークの椅子

今回は「フィン・ユールとデンマークの椅子」ということで、フィン・ユール以外の椅子も多く、見ごたえがありました。

写真と共に振り返りながらご紹介したいと思います。

 

フィン・ユールについては、こちらでも紹介してますのであわせてどうぞ。

関連記事

今回はFinn Juhl(フィン・ユール)の紹介をしたいと思います。多くのデンマークのデザイナーの中でも異彩を放ったフィン・ユールは多くの名作家具を残しています。 フィン・ユールについてはぜひこちらも。この[…]

 

「フィン・ユールとデンマークの椅子」

フィン・ユールとデンマークの椅子

会場は東京・上野にある「東京都美術館

 

東京都美術館は前川國男による建築。

落ち着きある美しい空間。

 

この照明、素敵ですね…

 

フィン・ユールとデンマークの椅子

入口に到着。胸が高鳴ります…

チケットを購入し、中に入ります…

 

フィン・ユール

エスカレーターで下ると早速現れてきました。

No.45とグローブキャビネット。独特なカラーリングが目を惹きます。

このキャビネットはフィン・ユールがなくなるまで、寝室で使用していたお気に入り。

 

第1章  デンマークの椅子

デンマークの椅子

今回は「フィン・ユール展」ではなく、「フィン・ユールとデンマークの椅子」展なので、多くのデンマークの名作椅子も楽しめます。

 

ドロップチェア

アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)のドロップチェアとオーレ・ヴァンシャー(Ole Wanscher)のNo.149 コロニアルチェア。

ドロップチェアのヌメ革の飴色具合がたまりませんね。

 

デンマークの椅子

モーエンス・ラッセン(Mogens Lassen)のスツール。

この造形美、美しすぎる…

まるで彫刻のようです。

 

ウェグナーの椅子

デンマークといえば、ハンス・J・ウェグナー(Hans J Wegner)が有名ですね。

バレットチェア、ザチェア、チャイニーズチェアなど。

 

デンマークの椅子

この眺め、圧巻です。

まだまだ始まったばかりですが、1つひとつじっくり見すぎてなかなか進むことができません…笑

 

デンマークの椅子

次に進みます…

そして、すぐに立ち止まります…

 

ラケットチェア

ヘルゲ・ヴェスタゴード・イェンセンのラケットチェアのこの曲線美。

うっとりしますね…

 

モーエンセンの椅子

ボーエ・モーエンセン(Borge Mogensen)のアームチェア(BM61)はシンプルながらモーエンセンらしさが出ている椅子ですね。

モーエンセンならこちらのドキュメンタリー映画は必見です。

関連記事

北欧家具を語るうえで欠かせないのが、ボーエ・モーエンセン。そのドキュメンタリー映画があるのをご存知ですか?日本語字幕付きのDVDとして発売されてます。これはぜひチェックを!! Borge Mogense[…]

モーエンセンDVD

 

デンマークの椅子

いやーカッコいいですね。

なんで椅子ってこんなに魅力的なんでしょうか…

 

エリザベスチェア

イプ・コフォード・ラーセン(Ib Kofod-Larsen)のエリザベスチェア。

名前の由来はイギリスのエリザベス女王が購入したため。まさに権威の象徴。

 

デンマークの椅子

これまでとは打って変わって、モダンなデザインのポール・ケアホルム(Poul Kjaeholm)のチェアとスツールたち。

 

スツール

ケアホルムのスツール(PK91)とヨルゲン・ガメルゴー(Jorgen Gammelgaard)のフォールディングスツール。

これは後ほど紹介するコーア・クリント(Kaare Klant)のプロペラスツールをリデザインしたもの。

似ているようですが、各々特徴があって面白い。

 

デンマークの椅子

ナナ・ディッツェル(Nana Ditzel)とヨルゲン・ホヴェルスコフ(Jorgen Hovelskov)のハープチェア。

 

美しい…

 

デザイナー相関図

これで第1章のデンマークの椅子は終了。

もっとデンマークの椅子について知りたい方はこの本がおすすめ。デザインの背景やデザイナー・工房などが詳しく載っています。

関連記事

家具・デンマーク家具好きの皆さんに朗報です。素晴らしい本が発売されましたよ!! これまでにも島崎信さんの美しい椅子や[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kagu.[…]

デンマーク家具のデザイン史

 

想像以上のボリュームでだいぶ時間がかかってしまいました…

続いて、本題のフィン・ユールコーナーへ…

 

第2章  フィン・ユールの世界

セクション1 初期

フィン・ユールは1912年生まれ。

元々は美術史家を志していたものの、父親に反対され建築の道へ…

フィン・ユール ドローイング

入ってすぐのところには若かりし頃のフィン・ユールのドローイングなどがありました。

それにしてもフィン・ユールのドローイングは美しすぎて嫉妬しちゃいますね。

 

セクション2 フォルムの追求

フィン・ユールの椅子たち

左のグラスホッパーチェアは2018年のパリのオークションで4億円で落札されたとか…

 

コペンハーゲンチェア

こちらはモーエンス・ヴォルテレン(Mogens Voltelen)のコペンハーゲンチェア。

実はフィン・ユールとあの名工ニールス・ヴォッダー(Niels Vodder)を結びつけたのがヴォルテレン。

彼がいなかったら、フィン・ユールの家具はどうなっていたことか…

 

No.45

遂に登場。フィン・ユールの代表作「No.45」です。

展示されていたのはニールス・ヴォッダー製のNV45でした。

 

No.45

美しすぎてうっとりします…

 

No.45

シャープなアーム。家具というより彫刻のようですね。

 

No.45

実物を見ると「世界で最も美しい肘をもつ椅子」と言われる理由も納得。

 

フィンユールの椅子

まだまだあります…

 

チーフテンチェア

チーフテンチェアとプロトタイプのチェア。

チーフテンチェアの圧倒的存在感。この迫力に勝る椅子は他にあるのでしょうか…

 

チーフテンチェア

このアームの感じもたまりませんね。

 

プロトタイプチェア

プロトタイプチェアはバタフライ式のドリンクホルダーが。

機能的でありながら、遊び心も満載。

 

フィンユールのテーブル

このバタフライテーブル、真鍮が埋め込まれてます。

見た目の良さはもちろん、熱いものをそのまま置けるので機能性も抜群。

 

バタフライテーブル

天板はチークでエクステンション部分がオレゴンパイン。

このディーティール、美しすぎます…

 

No.53

イージーチェアNo.53はアームのエッジが特徴的ですね。

 

フィン・ユールNo.53

惚れ惚れします。

 

フィンユールの椅子

流線型のアームに籐張りの背もたれ。どこか高貴な感じがするのは私だけでしょうか。

 

フィンユールの椅子

レザーで背もたれを留めるとは斬新ですよね。

これも良いアクセントに。

 

フィンユールの椅子

まだまだあります…

 

No.48はフィン・ユールらしさが随所に発揮された椅子。

2シータータイプもありますが、これがまたカッコいいんです。

 

フィンユールのドローイング

ドローイング…上手すぎますって…

影の感じがたまらない…

 

セクション3 生産性への挑戦

フィン・ユールの椅子

時代とともに徐々に量産化へ…

 

フィンユールの椅子

とは言っても、さすがフィン・ユール。随所にこだわりを感じます。

 

フィン・ユールのベンチ

このベンチ、カッコよすぎませんか…

 

フィン・ユールのベンチ

確か以前原宿のビームスにイサム・ノグチのソファなどと一緒に什器として置かれてました。

まだあるのかな…

 

フィン・ユールのソーイングキャビネット

当時は家庭で裁縫をするのが一般的でした。

ソーイングキャビネットもフィン・ユールの手にかかるとこんなにおしゃれに。

 

ハンス・アルプの彫刻

フィン・ユールが影響を受けたハンス・アルプの彫刻。

この有機的なライン、フィン・ユールと通ずるものがありますね。

 

セクション4 フィン・ユール邸

次のブースは、フィン・ユールが自邸で使用していたものを集めたコーナー。

フィン・ユール自邸

素敵な住宅ですよね。

 

フィンユール邸

10年以上前になりますが、実際に私も行きました。

これはその時の写真です。

 

フィンユール邸

実際に行った時の興奮は今でも忘れられない素敵な思い出です。

当時も中に入ることはできましたが、写真撮影はNGでした…

のちにOKになったみたいですね…ショック…

 

ポエト・チーフテンチェア

ブースにはポエトにチーフテンチェア。カイ・ボイスンのオブジェやチークボウルなどがあります。

壁にはヴィルヘルム・ルンストローム(Vilhelm Lundstrom)のドローイングやリトグラフなども。

 

フィンユールの家具

デスク周り。師匠ヴィルヘルム・ラウリッツェン(Wilhelm Lauritzen)のラジオハウスペンダントやフィン・ユールのリーファ(Lyfa)のテーブルランプも。

実はこのテーブルランプ、建築家の竹山実さんがフィン・ユールの事務所在籍時にデザインしたもの。

まさか日本人がデザインしているとは思いもしませんよね、誇らしい限りです。

 

フィン・ユールのソファ

これは世界に1つしかないフィン・ユールがこだわりまくって作ったソファ。

 

フィンユールのソファ

脚がアームに食い込みようにデザインされてます。

 

ソファの脚先

しかもその脚は内側のメープル材が外側のオーク材に食い込むという、なんとも凝ったつくり。

 

フィンユールのソファ

中央の脚も…

細部へのこだわりが尋常じゃないですね…

恐るべしフィン・ユール…

 

ベンチ

隣りに置かれたいたベンチもまた美しい。

自邸では窓際に置かれてましたね。

 

フィン・ユールの手紙

貴重な直筆のサインもありました。

 

セクション5 アメリカでの活躍

ここ以降は撮影不可でした。

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の学芸員で落水荘のオーナー「エドガー・カウフマン Jr.」との出会いや国連のインテリアデザイン、ベイカーファニチャーの家具など見ごたえ満載。

 

セクション6 実験、模索

フランス&サンやソーレン・ウィラッドセンなどで、さらに量産化に向けた家具をデザイン。

天才肌のフィン・ユールの苦悩が垣間見えます。

その中でもジャパンチェアやディプロマットシリーズは大ヒットし、彼を代表する作品の1つにも挙げられます。

 

セクション7 建築、インテリアデザインの仕事

元々建築家ということもり、建築はもちろんジョージ・ジェンセンやスカンジナビア航空(SAS)の世界各地のチケットオフィスの店舗デザインも多く手掛けています。

なんとSASの飛行機のインテリアまで。

乗ってみたかったな…

 

セクション8 1960年代以降

1960年代以降、家具の作品は激減します。

グローブキャビネット

エントランスに置かれていたこのグローブキャビネットは1961年に発表しました.

 

グローブキャビネット

カラーリングはもちろん、キャスターも可愛すぎますね。

ただ、発表当時はボーエ・モーエンセンらから酷評されたようです。

 

グローブキャビネット

コーア・クリントの愛弟子、ボーエ・モーエンセンは実直なものが多いですし、この遊び心を理解するのは難しかったのかもしれませんね。

モーエンセンたちが悪いわけでもなく、もちろんフィン・ユールが悪いわけでもなく。

もしかしたら、嫉妬心もあったのでは?と思ったり…

 

フィン・ユールのポスター

1989年にフィン・ユールはこの世を去ります。

この左のポスターはその翌年、1990年に日本で開催された「フィン・ユール追悼展」のポスター。

その時の図録はこちらで紹介してます。

関連記事

突然ですが、この本は何の本でしょう?Danish Chairs??いいえ、違います。 これでわかりますか? はい、正解はFinn Juhl(フィン・[…]

 

全体

2階から撮影することができましたので、その写真も。

フィン・ユールの椅子たち

こうやってズラッと並ぶと圧巻ですね。

 

朝一で行ったので人は少なかったですが、帰るころには多くの人でにぎわっていました。

 

特別感。

 

フィン・ユールの椅子たち

このような展示会がもっと開催されてほしいですね。

巡回しないのが残念…

 

第3章 デンマーク・デザインを体験する

最後に大盤振る舞いの名作椅子に座り放題のコーナーがありました。

コロニアルチェア

どうですか…

 

Yチェアなどのウェグナーの椅子

Yチェアなど、ウェグナーの椅子たち。

 

ベアチェアとサークルチェア

なんとベアチェアとサークルチェアもありました。

この2つで〇百万か…なんて、いらぬことを考えてしまったり…

 

ファーボチェア

コーア・クリントのファーボチェア!

これにも座れるなんて…

 

プロペラスツール

ケアホルムやガメルゴーもリデザインしたコーア・クリントのプロペラスツール。

シンプルなデザインですが、存在感ありますね。

 

ピーターズチェア・テーブル

ウェグナーが親友のモーエンセンの子どものためにデザインしたピーターズテーブル・チェア。

この誕生秘話が好きです。

関連記事

ウェグナーとモーエンセン、2人は仲良し。共に1914年生まれです。ボーエ・モーエンセンに子どもが生まれた時のエピソードです。まぁ、私はこの話が大好きで大好きで。。笑モーエンセンの子どもの名前を付けたのは誰かご[…]

 

シェーカーチェアJ39

ボーエ・モーエンセンのJ39はシェーカーチェアをリデザインした名作椅子。

関連記事

玄人(くろうと)という言葉の響きが好きです。今日はその言葉がぴったりなあの方について。 Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)って渋いですよ[…]

 

PK0

最近復刻されたポール・ケアホルムのPK0もありました。

恐る恐る座ってみましたが、案外座り心地は悪くなかったです。失礼…

 

ヤコブセンのソファ

アルネ・ヤコブセンのエッグチェアやスワンチェア、ドロップにソファもありました。

SASのロイヤルスイート606号室を再現したカラーで統一するという憎い演出。

 

チーフテンチェア

もちろんフィン・ユールもありますよ。

チーフテンチェアはなかなか座る機会がないので貴重ですね。

 

フィン・ユールの家具

贅沢すぎます…

 

ベーカーソファ

これだけたくさんの名作に座れる機会はなかなかないのでありがたいですね。

しっかりとお尻に刻み込みました。

 

おまけ

東京都美術館には、平時でもフィン・ユールを体感できる場所があります。

フィンユールの椅子

フィン・ユールのNo.53がズラッと並んでいます…

 

フィンユールの椅子

疲れたらここで一休みするのもいいですね。

 

フィンユールの椅子

美しい…

 

ラーセンの椅子

イプ・コフォード・ラーセンのイージーチェアもあります。

 

あとロビーには前川國男デザインの天童木工製の家具もあります。

 

おわりに

いかがでしたか。

大満足の展示会、気づけばかなりの時間が経っていました…

フィン・ユールはもちろん、ウェグナーやモーエンセンなどのデンマークの名作椅子も一緒に見ることができ、いかにフィン・ユールが特異な存在であったかを再認識しました。

コーア・クリントの王道の流れではないからこそできた、挑戦的なデザインの数々も名工ニールス・ヴォッダーの存在があったからこそ実現。

それ以降の量産化では苦悩も多かったとは思いますが、フィン・ユールの人間味も感じることができました。

このような展示会がもっと日本でも増えてくれると嬉しいですね。というか、織田憲嗣さんのコレクションの数々には驚きました…

また、このような展示会が開催されることを期待しつつ、今回はこれにて終了とします。

最後までありがとうございました!

 

織田憲嗣さんやフィン・ユールについては、ぜひこちらもあわせてどうぞ。

「織田憲嗣」記事まとめ

「フィン・ユール」記事まとめ

 

フィン・ユールとデンマークの椅子

会期:2022年7月23日(土) ~ 10月9日(日)

場所:東京都美術館

HP:https://www.tobikan.jp