北欧ヴィンテージ家具マニア必見!「名作椅子の解体新書」

こんな素晴らしい本が発売される日が来るとは…

北欧ヴィンテージ家具ファンなら必ず見てほしい本「名作椅子の解体新書」が発売されました。見ないと損しますよ。

 

 

名作椅子の解体新書

 

「見えない部分にこそ技術がある。名作たる理由が、分解する、剥がす、組み立てる、張り替えることで見えてくる!」

 

この「名作椅子の解体新書」は名作椅子を丸裸にして、隅々まで調べ尽くすという超絶マニアック本です。

もうこれを聞いただけで興奮してゾクゾクしてきませんか?私は俄然鼻息が荒くなりました…

ハンス・J・ウェグナー(Hans J Wegner)やフィン・ユール(Finn Juhl)、アルネ・ヤコブセン(Anre Jacobsen)などの椅子18脚を解体し組立、座の張り替えなどの工程を写真入りで詳細に紹介。

 

 

そして、この本では3つのポイントに着目し、解体や修復の工程を通して紹介されてます。

  1. どのような技術が駆使されているか(接手、仕口、強度の持たせ方、デザインを生かすための工夫、外見からではわからない細部での工夫など)
  2. 素材(木材や金具の種類、張地や座編みの材料等)
  3. 経年変化によって生じる現象

 

なかなかマニアックですよね。北欧ヴィンテージ家具好きにはたまりませんよ。

まだまだ素晴らしい点はあります。約1000点もの写真が掲載されていることです。1000点ですよ1000点…。

私はこの「名作椅子の解体新書」が発売されると知った時に迷うことなく買おうと決めました。なぜなら、これまでは張替えなどの紹介があったとしても、「北欧スタイル」などの雑誌に見開き2ページ程度、長くても数ページの特集で終わることが一般的でした。それはそれで十分楽しかったですが。

 

ただ、今回は18脚の椅子・208ページというボリュームですし、1000点以上もの写真。しかもその写真はよく見るような名作椅子の写真ではなく、実際に解体した時の接合部や張替えの時の昔の馬毛があったり、籐の張替えなどなかなか見ることができない貴重な写真の数々です。

もう見るしかないですよ、見たらわかりますこの本の素晴らしさが。

私は予約購入して、届いてすぐ読みましたが、あまりにも面白くて一気に読んでしまいました。活字が苦手な人にもおすすめ。写真が多いので飽きずに見ることができますよ。

解体・張替えられる名作椅子

それでは、実際にどのような名作チェアが取り上げられているか紹介したいと思います。

ハンス・J・ウェグナー(Hans J Wegner)

ウェグナーの作品が一番多く、ザチェア(The Chair)、Yチェア/CH24(Y Chair)、ベアチェア(Bear Chair)、JH504、CH23の5脚。

 

 

ザチェア(JH501)の初期作品ではフィンガージョイントではなく、継手が使われている話は有名ですが、その継手部分を籐で巻いて隠していたところの貴重な写真が何枚もあります。あと、JH501の座枠の前後に渡って取り付けられたアーチ状の貫(つっかい棒)の話などなかなかマニアック。

 

フィン・ユール(Finn Juhl)

次いで多いのが、玄人好みのフィン・ユール。No.45、No.46、No.48の3脚。

家具職人ではないフィン・ユールだからこそ思いつくデザインとそれを具現化するニールス・ボッダー(Niels Vodder)の黄金タッグが生み出した椅子は解体した時も美しい。

 

 

当時の椅子にはウレタンではなく天然素材が使われているのも一目でわかります。繊維状の麻や馬毛は天日干しした後にほぐし直して再利用されていますが、天然繊維の素晴らしさを改めて実感。

No.48を実際に剥がしてみてわかった、その前に修復した人の腕の良さや手抜きなどがよくわかるのも面白い。あと、アームの割れを補修したり背のフレームを固定させる部品を新たに新調したりしているが、ただ古いものそのままが1番と言うわけではなく、現代に合わせる工夫も改めて大事だなと感じた。

実際に剥がしてみて接合部分が割れていた入りと程度が悪いこともあるので、ヴィンテージを買うってある意味冒険。信頼できるところから購入するのが1番良いですね。

 

アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)

エッグチェア(Egg Chair)、セブンチェア(Series 7 Chair)の2脚。

エッグチェアはレザーの張替え。ウレタンを剥がしている写真は圧巻。セブンチェアは割れが入ったシェルの脚を付け替えてます。個人的には割れが入ったシェルを真っ二つに割っている画像が衝撃的でした。シェルを割る、そしてその詳細をアップで撮る。知らない人が見ると何やってるんだろうと言う感じでしょうが、マニアにとってはたまらない。

こちらの動画も驚きです。

 

他にも…

・No.77 (ニールス・オット・モラー)

・スーパーレジェーラ (ジオ・ポンティ)

・エヴァ ブルーノ・マットソン〕

・FD130 (ピーター・ヴィッッ&オルラ・モルゴー・ニールセン)

・サファリチェア(コーア・クリント)

・シエスタ〔イングマール・レリング〕

・MKチェア〔モーエンス・コッホ〕

・ペーパーコード編み折り畳み椅子

という豪華ラインナップです。

北欧家具ではないですが、スーパーレジェーラはなぜあそこまで細く軽く作れるのが疑問だったので、解体した接合部を実際に見ることができ大満足。

神は細部に宿ると言いますが、椅子を解体、修復することで椅子本来の美しさを垣間見たような気がします。

 

 

北欧ヴィンテージ家具好きの方へのおすすめ本

北欧ビンテージ家具や北欧インテリアが好きな方にはこちらもおすすめ。

北欧ヴィンテージの情報が日本語でここまで詳しく載っている本は他にはないでしょう。この本読まずして 、北欧ビンテージ家具を語るべからず…

北欧家具好き必読!「流れがわかる!デンマーク家具のデザイン史」

関連記事

家具・デンマーク家具好きの皆さんに朗報です。素晴らしい本が発売されましたよ!!これまでにも島崎信さんの美しい椅子や[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kagu.tokyo/entr[…]

デンマーク家具のデザイン史

 

こちらも一緒にどうぞ。

この「名作椅子大全」はマニアックすぎるので取り扱い注意!笑

北欧家具好きなら織田憲嗣さんの「名作椅子大全」を読むべし!

関連記事

名作椅子大全は永久に不滅です。これを手に入れたのは2008年頃だったかと。とりあえず椅子の情報が欲しくてほしくてたまらない時に出会った1冊です。 イラストレーテッド  名作椅子大全 […]

名作椅子大全

 

家具・インテリア好きには「Kindle Unlimited」もおすすめ。Casa BRUTUSやエルデコ、モダンリビングが一部読み放題。通常月額980円ですが、初回は30日間無料で期間中に解約すれば一切費用はかからないので、ぜひ一度試してみて下さい。

家具好きでKindle Unlimitedを試していない人は損してますよ。

関連記事

みなさん、「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」はもう使ってますか?月額980円で約12万冊をKindle端末だけでなく、スマートフォンやタブレット、パソコンから好きなだけ読むことができます。とは言[…]

 

Amazonの「聴く」読書、「Amazon Audible」はプロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。いつでもどこでも聴くだけで読書ができるオーディオブックは移動中や作業中、運動時間などが読書の時間に。

今ならプライム会員限定で3ヵ月無料のキャンペーン中!月額1500円なのでとてもお得ですね!こちらも無料期間中に解約すれば一切費用はかかりません。

「Amazon Audible(オーディオブック)」

 

おすすめの本はこちらでも紹介してます。

おすすめの本_カテゴリー

 

おすすめの北欧ビンテージショップ

北欧ヴィンテージ好きの方のために名店をピックアップしました。

ここは押さえておくべし!北欧ヴィンテージ家具の名店7選!!

関連記事

年々人気が高まる北欧ビンテージ家具。扱っているところもすごく増えていますが、その中でも逸品ぞろいの名店を7店紹介したいと思います。こだわりの逸品を探している方はまずこの7店を押さえておけば間違いないでしょう。&nbs[…]

 

東京はこちら。

東京・おすすめの北欧ヴィンテージ家具店 完全版

関連記事

今回は東京にある北欧ヴィンテージ家具を扱っているお店を紹介したいと思います。さすが首都・東京だけあって、名店揃い。北欧ヴィンテージ家具といっても様々で、もちろん一流デザイナーのものになると値段は高くなりますが、比較的安い価格[…]

 

東京だけでなく、都道府県別に北欧ヴィンテージショップをまとめてます!

 

北欧ヴィンテージの情報ならこちらも。

関連記事

最近、北欧ビンテージがかなり一般的にも浸透してきましたよね。その中でもソファで断トツの人気を誇るのがハンス・J・ウェグナーがデザインしたGETAMA(ゲタマ)のソファ、GE290ではないでしょうか。他にもゲタマのソファはいく[…]

関連記事

今回は1950~60,70年代ごろに作られた北欧ビンテージ家具について。よく巷で、北欧ビンテージ家具と呼ばれますが、その中でも圧倒的に種類が多く、人気が高いのがデンマークのビンテージ家具です。ウェグナー等の有名なデザイナーの[…]

北欧ビンテージ家具

 

おわりに

この本が刺さる人はどれぐらいいるのだろうか…

決して多くはないかもしれませんが、好きな人にとってはたまらない1冊。いろんな椅子を解体していく様を見るのはとても清々しい気持ちになります。普通では見られないようなものを見られるこの上ない幸福感。

久しぶりに興奮する1冊に出会えたことに感謝。間違いなく2020年読んだ中で最高の1冊。疲れたらこの本を読んでパワーをもらおうかな。みなさんもこの本で英気を養いましょう!