トライバルラグとは。バルーチ族?トルクメン族?どこで販売している?

 

今回はトライバルラグ(Tribal Rug)について。

 

  

 

トライバルラグとは

トライバルラグのトライブ(tribe)とは「部族」のことですので、「部族の絨毯」という意味です。

イラン、パキスタン、アフガニスタンなどの西アジアの遊牧民(最近は定住化が進んでいる)が丹精込めて織ったウール等を使用した手織りの絨毯です。 

 

1点物のため、既製品にはない独特な味わいが特徴です。

遊牧民が織るじゅうたんと言えば、イランのカシュガイ族がおる「ギャッベ」やモロッコの「ベニワレン」も有名ですが、 

www.kagu.tokyo

トライバルラグも負けずとも劣らない魅力がありますよ。

ちょっと大人っぽい雰囲気というか、ただペルシャ絨毯のような高貴な雰囲気ではありませんが、肩肘張るようなまでもいかないけど、やや引き締まった感じというか…

うーん、表現が難しいですね。

はい、それでは切り替えまして、代表的な部族を紹介したいと思います。 

 

代表的な部族

トライバルラグと言っても、部族によって様々な違いがあります。

その中でも代表的な部族をいくつか紹介したいと思います。

 

バルーチ族

トライバルラグの中でも圧倒的に人気があるのが「バルーチ族」です。バルーチ族はイランやパキスタン・アフガニスタンに住む部族。

www.instagram.comバルーチとはペルシャ語で「トサカ」という意味があり、「ニワトリ」をモチーフにしものも見かけます。 

バルーチ族と言っても大きく分けると3つ。ホラサーン、シスターン、バローチスタン

色合いは暗めの赤や茶、濃紺など色が多く、落ち着いた印象。 

www.instagram.com

 

 

 

楽天市場でトライバルラグを探す

 

トルクメン族

トルクメニスタンからイラン、アフガニスタンの国境あたりで遊牧をしていたり、最近は定住住化したトルクメン族も多い。 

ラグの中央には部族の八角形の紋章「ギュル」、日本でいう家紋のようなものを反復して織り込むのも特徴の1つ。

www.instagram.com

代表的なギュルはテケ、ヨムート、サリーク、チョドール、エルサリの5氏族でトルクメニスタンの国旗にも描かれている。以前は20以上の部族があったようで、ギュルは派生したものも含めると40近くもあると言われています。

www.instagram.com 

トルクメン族は「赤」へのこだわりがどの部族よりも強いのも特徴の1つ。したがって、絨毯にも赤を使ったものが非常に多く見られます。  

www.instagram.com

 

 

 

楽天市場でトライバルラグを探す

  

トライバルラグをネット販売しているショップ

 

layout(レイアウト)

実店舗は東京・中目黒の高架下にあります。

layout.casa

www.kagu.tokyo

 

on the shore(オン ザ ショア) 

実店舗は東京・早稲田にあります。

on-the-shore.com

とても素敵な空間です。

www.kagu.tokyo

 

c:hord(コード)

実店舗は東京・赤坂と神奈川の葉山にあります。

www.chord.co.jp

 

tribe(トライブ)

実店舗は東京の東村山にほど近い清瀬市野塩にあります。

jutanya.ocnk.net

 

Galata Bazaar(ガラタバザール)

東京・中野に店舗があります。

hb.afl.rakuten.co.jp

 

今回は東京に店舗があるところをメインに紹介しましたので、今後は関西や九州などのネット通販しているところもまとめていきたいと思います。

 

 

 

楽天市場でトライバルラグを探す

 

余談

インスタで発見した和・畳との組み合わせも最高。

www.instagram.com

結局、インテリアに正解はないので、和だったり洋だったり、インダストリアル、ブロカント、アンティーク、北欧ヴィンテージなどなどいろいろミックスして楽しむといいですね。

 

おわりに 

いかがでしかた、トライバルラグ。

ギャッベやベニワレンだとちょっとカジュアルすぎるという方にはおすすめです。他にもいろいろな部族がいますし、古いオールドと呼ばれるものがあったりしますので、興味がある方はいろいろと調べてみてはいかがですか。きっとトライバルラグの奥深さに驚くと思います。 

まずは玄関やちょっとしたスペースに敷くミニサイズから始めてみるのもいいかもしれませんね。

それでは、素敵な絨毯ライフを~。