柳宗理の紋次郎スツールはペリアンのスツールが起源!?

皆さん、紋次郎スツールを知ってますか?

名前だけ聞くと、かな~り渋い感じがしますが、れっきとした名作椅子ですよ。

デザインはプロダクトデザイナーとして数々の名作を遺した柳宗理さんです。日本民藝館の創設者・柳宗悦の長男で日本民藝館の三代目館長も務められました。その柳宗理さんがデザインしたシャルロット・ペリアンのスツールの影響を受けたと思われる紋次郎スツール。

こちらがペリアンのスツール。1953年にデザインしたベルジェスツール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

bop classics(@bopclassics)がシェアした投稿

ペリアンのスツールもいいですよね。こちらでも詳しく紹介してます。

シャルロット・ペリアン好き必見!生い立ちや名作家具について。

 

一緒に置くとさらに関連性を感じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

T Seno💺🚄✈️🏗🏙🌉🌅💐(@chairs_gallery)がシェアした投稿

上2つはペリアンのベルジェスツールで、下2つは紋次郎スツールの木脚バージョンです。

実は柳宗理さんはシャルロット・ペリアンが日本に来た時に案内役として日本各地を一緒に回っています。

柳宗理さんについて詳しく知りたい方ははこちらの本がおすすめですよ。

 

 

柳宗理さんと言えば、図面を書く前に実際に手を動かして模型を作ることがよく知られていますが、ペリアンがまさにそのやり方でした。長期にわたりペリアンと共に行動をすることで多くのことを学んだんでしょうね。

→ペリアンについてはこちらで詳しく紹介してます。

関連記事

今回はフランス・パリのルイ・ヴィトン財団の美術館での没後20年を記念した大回顧展が記憶に新しいシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)について紹介したいと思います。世界で最初のインテリアデザイナーとも言われるシ[…]

 

そのペリアンの影響を感じる紋次郎スツール。やっぱり素敵ですね。

紋次郎スツールについてもう少し詳しく。

小田原の木地挽きろくろ技術を用いて出来る形状ということからスタートし、1972年に開館した栃木県立美術館の什器としてデザイン。そのスツールが元となっており、後にティーテーブルを加えて1974年に商品化されてます。

1974年~天童木工ではケヤキで製造され、1990年代になるとBC工房に移り脚もチーク材で作られたものもありました。2007年からは飛騨産業よりオーク材で販売されてます。

名前の由来は、木枯らし紋次郎が被っていた三度笠の形に似ていることから「紋次郎スツール」と名付けられました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuo Nakamura(@kazuo8030)がシェアした投稿

確かに似てますね。笑

 

紋次郎ティーテーブルは1974年に発売された紋次郎ティーテーブルを、柳工業デザイン研究会監修の元、一部アレンジを行い復刻。

 

スツールは単体でも素敵ですが、こうやってセットになっているとより雰囲気があっていいですね。

 

いいですよね。紋次郎シリーズ。

スツールは高さ30cmとロータイプ。その低い感じも絶妙ですよね。あー欲しくなってきた。

欲しいものリストは増える一方で、減る気配がない今日この頃。

 

柳宗理さんの名前ですが、「ヤナギソウリ(ソーリ)」と呼ばれるのが一般的ですが、本名は「ムネミチ」です。

何かの本に載っていたんですが、海外では宗理とSorryを掛けて「アイムソーリー(I’m Sorry)」とあいさつされていたようです。チャーミング!!

では今日はこのあたりで。