チャンディーガルの家具。コルビュジェとジャンヌレとホンマタカシ。時々ジャン・プルーヴェ。

2016年の話です。

場所は広島のおりづるタワー。

www.orizurutower.jp

 

そこで開催されてたんです、貴重な展示会が。

その名も…

 

ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによるインド・チャンディーガルの家具作品とホンマタカシによる写真展

f:id:kaguisu:20181104085914j:plain

反射して、よく見えないですね。すみません。

右がル・コルビュジエで、左がピエール・ジャンヌレです。

チャンディーガルはインド北部の町で、1950年代に都市開発が行われ、Le Corbusier(ル・コルビュジェ)

とPierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)らが尽力しました。

 

 

展示会では、ピエール・ジャンヌレがチャンディーガルのためにデザインした家具が多数展示されており、終始興奮しっぱなしでした。

平日に行ったせいか自分以外には誰もいなかったのでほぼ独占して見ることができ、なんと写真も好きに撮ってくださいとのことでしたので撮りまくりましたよ。

その時に撮った写真をいくつか紹介します。

f:id:kaguisu:20181104191412j:plain

イスって1脚でもいいんですが、並んだ時の破壊力はすごいですよね。

んー、たまらん。

 

f:id:kaguisu:20181104191420j:plain

 

f:id:kaguisu:20181104191426j:plain

 

f:id:kaguisu:20181104191433j:plain

 

f:id:kaguisu:20181104191440j:plain

 

f:id:kaguisu:20181104191445j:plain

 

f:id:kaguisu:20181104191454j:plain

凄いですよね。

一堂にこれだけのチャンディーガルの家具が集まるとは。

貴重な機会でしょう。

 

まだ終わりではないですよ。

テラスへと続く。。

 

f:id:kaguisu:20181104191509j:plain

テラス席にはJean Prouve(ジャン・プルーヴェ)のヴィンテージ作品もありました。

どうぞ自由に座ってくださいとのことで、最初は耳を疑いました。

プルーヴェのヴィンテージですよ。

まさか座れるなんて思いもしませんでした。

 

次は原爆ドームとプルーヴェ。

f:id:kaguisu:20181104191520j:plain

いいでしょ、この組み合わせ。好きです。

 

f:id:kaguisu:20181104191531j:plain

贅沢だ…

 

f:id:kaguisu:20181104191536j:plain

珍しいですよね、この色。

 



SIGN

今回の展示会を主催しているSIGNは2005年に東京の恵比寿でオープンしてます。

もちろん手が出るような値段ではないので、買ったことはありませんが、1度行ったことはあります。

緊張したことと、ぺリアンのスツールがあったのは記憶してます。

7、8年ぐらい前のことで、まだ自分がここまでのレベルに達していなかったので、サラーっと見て終わりました。

そして、2015年に広島にオープンしてます。

お店は基本クローズのようですが、自分が行ったときはちょうど今回紹介したおりづるタワーの展示に合わせて、展示会を行われてました。

f:id:kaguisu:20181104191716j:plain

 

f:id:kaguisu:20181104191729j:plain

コルビュジェを代表する建築・ユニテダビダシオンで実際に使用されていた階段です。

階段ですよ、階段。

ビックリしすぎて、不謹慎にも笑ってしまいました…

搬入が大変だったようで、クレーンで窓から入れたらしいです。

 

f:id:kaguisu:20181104191739j:plain

壁掛けのボックスもユニテダビダシオンのものとのことでした。

Charlotte Perriand(シャルロット・ぺリアン)のメリベル・ベルジェスツールも良い感じですね。

ペリアンについてはこちらで詳しく紹介してます。

シャルロット・ペリアン好き必見!生い立ちや名作家具について。

 

f:id:kaguisu:20181104191751j:plain

ペリアンのデザインでしょう。取っ手が可愛らしい。

 

f:id:kaguisu:20181104191755j:plain

個人的には、コルビュジェのテーブルを天板なしで展示しているのがシュールすぎて好きでした。

天板は修復か何かしているものが間に合わなかったんですよとおっしゃってましたが、天板無くても置く発想が好きです。

 

f:id:kaguisu:20181104191803j:plain

あと、ジャン・プルーヴェのイス。

木製タイプは非常に珍しいですよね。

ここでもどうぞ座ってくださいとのことで、恐る恐る座りました。

緊張しすぎて座り心地は悪かったです。笑

 

f:id:kaguisu:20181104191812j:plain

この感じ、たまらない。。

 

最近、SIGNはまた東京にショップを構えられてます。

お客さんは日本だけでなく、むしろ海外からの問い合わせも多いとおっしゃってました。

商品のラインナップを見ればそれも納得ですね。

いつかここで購入できるようになりたい。。

 

番外編① ピエール・ジャンヌレが購入できるショップ

ピエール・ジャンヌレの家具を販売しているショップをまとめましたので、あわせてどうぞ!

関連記事

今回は Pierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)を販売しているショップを紹介します。オンライン・通販で買うのもいいですが、やはり良いものは自分の眼で見て買いたいですね。参考にしていただければと思います。&nb[…]

Jeanneret

 

ジャンヌレにいてはこちらでもまとめてます。復刻のことなど。

ピエール・ジャンヌレ_カテゴリー

 

番外編② おすすめの本

ジャンヌレではなく、プルーヴェの本ですが…

ジャン・プルーヴェの実娘のカトリーヌ・プルーヴェが監修した本です。

世界各地のコレクターやクリエイターのオフィスや自邸が満載です。グラフィックは八木保さんときたら、買わない理由はないでしょう。

 

 

ジャン・プルーヴェの最後の弟子。

早間玲子さんが書いた「構築の人、ジャン・プルーヴェ」も必見です。

関連記事

今回はJean Prouve(ジャン・プルーヴェ)と深いかかわりがある早間玲子さんについて。早間玲子さんはジャン・プルーヴェのアトリエで約6年働いた実績があるとても偉大な方です。1933年、東京生まれの早間玲子さんは、195[…]

Prove

 

番外編③ おすすめの映画「ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラ」

コルビュジェ繋がりということで、「ル・コルビュジェとアイリーン 追憶のヴィラ」は必見です。

コルビュジェのアイリーン・グレイに対する嫉妬が凄かったですよ。冒頭のオークションシーンから驚きました。

アイリーン・グレイの作品がこんなに高値で取引されているなんて。。まだ観てない方は是非。

関連記事

「物の価値は、創造に込められた愛の深さで決まる。」———— アイリーン・グレイ  この映画を見れば言葉の意味が分かりますよ。世界でもっとも有名な建築家と言っても過言ではない[…]

IMG

 

 

こちらもおすすめです。

おわりに

いかがでしたか。
楽しんでいただけたでしょうか。
これだけ揃う展示会はそうないでしょうね。
ぜひまた開催してほしいです。