ミッドセンチュリーファン必見!BRUTUS「Mid-Century」特集。

今回のBRUTUSは家具好きなら必見ですよ。

 

 

BRUTUS「Mid-Century」特集

アメリカのミッドセンチュリー期に活躍したチャールズ・レイ・イームズやジョージ・ネルソン、アレキサンダー・ジラードにスポットを当てた1冊です。

イームズのヴィンテージシェルの見分け方やブラジルのミッドセンチュリーについての特集もありますよ。

家具好きであれば、必ず押さえておきたい1冊ですね。

 



チャールズ・レイ・イームズなら

ミッドセンチュリーの代表と言えば、やっぱりこの方。

おすすめの映画があります。

日本でも2013年に公開されてます。

 

映画『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』公式サイト

www.youtube.com

 

ジョージ・ネルソンなら

ネルソンと言えば、個人的におすすめはハーマンミラーより販売されているデイベッドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

plein de moderne(@plein_de)がシェアした投稿

単純にデザインがキレイですよね。

デイベッドなら、ハンス・J・ウェグナーのゲタマのデイベッドも有名ですごく素敵ですが、ネルソン・デイベッドも負けてませんよ。

関連記事

2020年4月12日更新。最近、北欧ビンテージがかなり一般的にも浸透してきましたよね。その中でもソファで断トツの人気を誇るのがハンス・J・ウェグナーがデザインしたGETAMA(ゲタマ)のソファ、GE290ではないでしょうか。[…]

 

アレキサンダー・ジラルドなら

ジラルドの”Feathers”を使用したこの本は意外と知られていない良本。

 

 

すごいのがこの本、布張りのBOXに入っているんですよね。

見た目だけでなく、もちろん内容も素晴らしく、ジラルド特集やスティグ・リンドベリ、北欧デザイン特集なども。

見ても飾っても楽しめる1冊です。

 

おわりに

家具を語るうえで、ミッドセンチュリー期の家具は欠かせませんよね。

こういう本を見ると、改めて物欲がわいてきます。

アドレナリンが出るんでしょうか。。