ハンス・J・ウェグナーの椅子展に行きました。

今回は少し前ですが、「島崎信+織田憲嗣が選ぶ ハンス・ウェグナーの椅子展」の写真が出てきたのでご紹介。

2013年に東京の南青山にあるspiral(スパイラル)で開催されました。

 

私が崇拝する島崎信さんと織田憲嗣さんが選ぶウェグナーの椅子なので間違いないです。

椅子好き・北欧家具マニア必読!島崎信さんの「美しい椅子」!!

北欧家具好きなら織田憲嗣さんの「名作椅子大全」を読むべし!

 

ハンス・J・ウェグナーの椅子展というだけあって、早々に椅子が出迎えてくれました。

たまりませんね、この感じ。

 

手前から2脚の椅子はこの時初めて見ました。

ウェグナーの作風が固まる前のデザインでしょうね。これはこれでいいな。

 

これ、写真では見たことありましたが現物は初見。

 

奥に進みます…

 

どどーん!ハンス・J・ウェグナー(Hans J Wegner)が登場。

 

こちらにも椅子、椅子、椅子。

吹き抜けになっているので、解放感があります。

 

椅子好きとしてはたまりません。

 

笠木のみを並べて展示。こういうの好きです。

 

リデザインの精神。

ザチェアやブルチェア、カウホーン、スウィベル、PP701など。

 

こちらはウェグナー自邸のミニチュアです。

 

椅子のミニチュアもたくさんありました。

Yチェアやチャイニーズチェア、ピーコック、バレットチェアなど。

展示されていたものは販売されているものではありませんが、Vitraからミニチュアが販売されてます。

 

 

 

椅子もですが、鉋(かんな)のミニチュアも。笑

 

2列目左端はウェグナーが初めてデザインした椅子です。他にも隣のベアチェアやエルボーチェアなどなど。

 

やっぱり椅子はいいなー、写真を見返すだけでも興奮します。

またこのような展示会が開かれるといいですね。

今日はこのあたりで。

 

 

 

Yチェア
最新情報をチェックしよう!