香川・高松旅①香川県庁舎は丹下健三の最高傑作?!

 

 

今回は少し前の話にはなりますが、香川県高松市に行った時の話です。2016年かな。

 

高松といえば、「うどん!」と思ったら大間違いです。

 

素敵な建物や美術館があるんですよ。

 

それでははじまりはじまり~。

 

  

f:id:kaguisu:20200107083319j:plain

高松駅に到着です。

 

SHIKOKU SMILE STATION って何でしょうか…

 

f:id:kaguisu:20200107083324j:plain

 

目指すは日本のモダニズム建築を代表する1つ、丹下健三設計の香川県庁舎・東館!

 

丹下健三は東京都庁や代々木第一体育館、東京カテドラルなど数々の建築を行い、「世界の丹下」として活躍しました。

 

 

高松駅から南へ1キロちょっと行ったところにあります。

 

香川県庁舎・東館

外観

f:id:kaguisu:20200107083327j:plain

見えてきました。

 

手前の低い建物が議会棟でその後ろにあるのが高層棟(東館)。

 

さらに後ろの右端にあるのが、香川県庁舎。

  

f:id:kaguisu:20200107083344j:plain

議会棟の1階部分はピロティになってます。

 

f:id:kaguisu:20200107083346j:plain

反対から。

 

f:id:kaguisu:20200107083400j:plain

高層棟。遂に来ました…

 

私が行った時は耐震工事の改修が始まる前でしたので、存分に堪能できました。

 

丹下健三は香川県庁舎を建てるにあたり、和風建築の要素を取り入れてます。

 

凛とした佇まいにしびれました…

 

f:id:kaguisu:20200107083405j:plain

木造建築をイメージさせる柱と梁の組合せをコンクリートで再現するなんて普通じゃないですよね。

 

さすが「世界のタンゲ」

 

これを建てたのが1958年(昭和33年)というから驚きです。

 

f:id:kaguisu:20200107083406j:plain

和風建築×鉄筋コンクリートの組合せ、素敵すぎます…

 

神社仏閣のようにも見えます。

 

ピロティ

 

ピロティはあのル・コルビュジェがサヴォア邸で初めて採用し、その後広まっていきました。

 

f:id:kaguisu:20200107083415j:plain

こちらは議会棟のピロティ部分。

 

2層分の高さがあるためとても広々としたピロティ。

 

f:id:kaguisu:20200107083419j:plain

 

f:id:kaguisu:20200107083433j:plain

 

f:id:kaguisu:20200107083437j:plain

 

内部

 

f:id:kaguisu:20200107083439j:plain

建物内に入ると香川県出身の画家・猪熊弦一郎による陶板壁画「和敬清寂(わけいせいじゃく)」がありました。

 

壁画の大きさに圧倒されます。

 

f:id:kaguisu:20200107083451j:plain

受付部分。

 

f:id:kaguisu:20200107083448j:plain

丹下健三のインテリアと言えば、剣持勇の名前が良く出てきますが、このスツールは実は違うんです。

 

丹下健三研究室に所属していた神谷宏治氏によるデザインです。

 

 

剣持勇の1960年デザインの名作のスツールに似ていますが、香川県庁舎は1958年竣工ですからこちらが先ですね。

 

お互い影響しあっていたんでしょうね。

 

f:id:kaguisu:20200107083518j:plain

議会棟の会議室の入口。

 

扉とシェルフの何とも言えないカラーリングが素敵でした。

 

扉は香川漆芸の後藤塗です。 

 

f:id:kaguisu:20200107083523j:plain

扉の取っ手部分もいい感じです。

 

f:id:kaguisu:20200107083524j:plain

議会棟は非常に綺麗な状態を保っていました。

 

家具の製造は天童木工。

 

f:id:kaguisu:20200107083540j:plain

圧巻です。

 

とてもキレイな状態を保たれてました。

 

f:id:kaguisu:20200107083543j:plain

シェルフはシャルロット・ぺリアンの影響を感じます。

 

ペリアンについてはこちらもどうぞ。 

www.kagu.tokyo

 

 

f:id:kaguisu:20200107083547j:plain

和の雰囲気を感じます。

 

f:id:kaguisu:20200107083454j:plain

フォントも味があっていい感じ。

 

f:id:kaguisu:20200107083558j:plain

隣の香川県庁舎から。

 

竣工当時は瀬戸内海を一望できる展望台として開放されており、市民に大変人気があったようです。

 

広場・庭園

 

f:id:kaguisu:20200107203739j:plain

出てすぐのところには日本庭園のような広場。

 
f:id:kaguisu:20200107083601j:plain

太鼓橋もあります。

 

ガイドツアー

 

香川県庁舎・東館の会議室などは県庁職員によるガイドツアーでしか入れませんので、香川県庁舎に行かれる方はぜひ予約をしましょう。

 

無料で1時間ほど案内してもらえます。

 

私は平日だったせいか1人でしたので、職員の方とマンツーマンでした。笑

 

www.pref.kagawa.lg.jp

  

おすすめの動画

 

行けない方はこちらの動画で詳しく紹介されているので我慢しましょう。

 


生き続ける魂 ~香川県庁舎建築ストーリー~ 1/8

 

この本もおすすめ。

 

 

おわりに

 

香川に行くならぜひ香川県庁舎・東館には行きましょう。

 

建物の迫力に圧倒されること間違いありません。

 

Casaのモダニズム建築55選にも選ばれてます。

casabrutus.com

 

国際組織「DOCOMOMO japan」の「文化遺産としてのモダニズム建築20選」にも選ばれています。

www.docomomojapan.com

 

ぜひみなさんも行ってみてはいかがですか。

 

次は念願のイサムノグチ庭園美術館へ。

www.kagu.tokyo

 

 

余談

 

香川県庁舎・東館に行ったら、すぐ近くにある「うどん さか枝」がおすすめです。

 

地元でも人気の名店です。

 

tabelog.com