大興奮!葉山で開催中の「アアルト展」に行ってきました!

遂に待ちに待ったこの日が。。

神奈川県立美術館、葉山館で開催中の「アルヴァ・アアルト展」に行ってきました。

f:id:kaguisu:20180929174248j:plain

逗子駅に到着。

 

f:id:kaguisu:20180929174311j:plain

逗子駅前からバスで15~20分。

 

f:id:kaguisu:20180929174422j:plain

海沿いを走るので、景色も楽しめますよ。

 

f:id:kaguisu:20180929174539j:plain

遂に到着。

 

f:id:kaguisu:20180929174549j:plain

 

アルヴァ・アアルト ―もうひとつの自然

日本では約20年ぶりとなるアアルトの大きな展覧会です。

アアルト展についてはこちらでも書きましたが、今回の展示会は世界巡回する規模のレベルなんですよね。

関連記事

遂にアルヴァ・アアルトの展覧会が日本上陸です!しかも国際巡回展です。しかもしかもこれはVitra(ヴィトラ)デザインミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館が企画してますので、並大抵のものではありません。ドイツのヴィト[…]

 

この規模のアアルトの展示会を見たくても、国内では今後数十年は見られないでしょうね。

展示はスケッチ等も多かったですし、古い椅子や建築関連のものもたくさんありました。

古い椅子などはアアルト財団ではなく、Vitraが所有しているものが多く、そこもビックリでした。

Vitraのアーカイブ、一度見てみたいものです。。

あと、撮影可のルームがあり、ここぞとばかりにパシャパシャと撮りまくりました。

f:id:kaguisu:20180929174826j:plain

全体はこんな感じです。

9時30分開館で10時ぐらいには行ったので、まだ人は少なかったんですが、お昼過ぎからはだいぶ多いんでしょうね。

 

f:id:kaguisu:20180929174833j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929174847j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929174913j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929174919j:plain

アアルトの顔が3Dになっています。

下に紙きれが写ってますが、ここでインスタの写真を撮ってねとのこと。

 

f:id:kaguisu:20180929174957j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929174931j:plain

このビンテージのテーブルが欲しい。。

天板のリノリウムの感じがたまらない。。

 

f:id:kaguisu:20180929174939j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929174947j:plain

モノトーン、今っぽいと言えば今っぽいんでしょうか。。

個人的にはあまり好きではないかな。。

 

f:id:kaguisu:20180929175007j:plain

フィンランド独立100周年を記念して、2017年に発表されたテーブルやスツールもありました。

 

f:id:kaguisu:20180929175022j:plain

照明・ビルベリーも。

これ何回見てもボンバーマンにしか見えないのは私だけでしょうか。

 

f:id:kaguisu:20180929175025j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929175101j:plain

好きです、この写真。

 

f:id:kaguisu:20180929175032j:plain

アアルトのスツールはもちろん1脚でも素敵なんですが、数があるとより綺麗に見えますよね。

 

f:id:kaguisu:20180929175112j:plain

 

f:id:kaguisu:20180929175116j:plain

右手前に写っているスツールは、以前紹介した無印良品とアルテックがコラボした商品です。

関連記事

シャチョウ率いるscope(スコープ)で一番人気の家具は何だと思いますか?そう、Alva Aalto(アルヴァ・アアルト) がデザインしたスツール60です。正解したあなたはスコープ通ですね。[sitecard subtitl[…]

 

こんな感じでした。

いかがでしたか。

アアルトに興味がなくても、家具好きの方は必見です。

 

アアルトについて詳しく知りたい方はこちらもおすすめ。

関連記事

「森と湖の国」と呼ばれるフィンランド。その自然豊かな国のフィンランドを代表する建築家である「Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)」は建築だけでなく、多くの家具や照明なども手掛けています。今回はそのアルヴァ・アアルトが[…]

aalto

 

あと、今回は神奈川県立美術館の葉山館っていうのがたまりません。

海のすぐ横なのでロケーションが抜群です。

中庭にはイサムノグチの彫刻・こけしがあるんですけど、またこれがたまりません。

f:id:kaguisu:20180929181222j:plain

ぽつりと佇んでいる感じがシュールでした。

 

f:id:kaguisu:20180929181226j:plain

何とも言えない表情をしていて、見ているだけで癒されます。

 

f:id:kaguisu:20180929181236j:plain

可愛いすぎる。

 

f:id:kaguisu:20180929181234j:plain

どこから見ても可愛い。

 

f:id:kaguisu:20180929181238j:plain

可愛すぎて、悶絶しました。

イサムノグチが好きな方はぜひこちらも。

関連記事

イサムノグチ庭園美術館が日本にあるのを知ってますか?意外と知られていないんですよね。日本にあるんです、日本に。。これを見ずして、何を見る!一見の価値ありです! イサムノグチ庭園美術館(T[…]

イサムノグチ庭園美術館

 

最後にミュージアムショップで肝心の図録を買おうとしましたが、まだ売ってませんとのことでした。。

ネットで予約を受け付けてますよとのことだったので、早速ポチりと。

 



おわりに

やっぱり良いモノを見るとテンションが上がりますね。

目だけでなく、心の保養にもなるので、ヘタにマッサージ受けるよりは美術館が自分には合っているかなと思ったり。

次はイルマリ・タピオヴァーラ展なんかも開催してほしいな。

さすがにそれは難しいか。。

では、今日はこのあたりで。

 

アアルトについてはこちらにまとめてます。

アルヴァ・アアルト_カテゴリー