TAG

北欧雑貨

京都・おすすめの北欧ヴィンテージ雑貨店まとめ

今回は京都にあるおすすめの北欧ヴィンテージ雑貨を扱っているお店を紹介したいと思います。   京都の北欧ヴィンテージ家具を扱うショップはこちらで紹介してます。 →関西・京都 おすすめの北欧ヴィンテージ家具店   京都のアンティーク・ヴィンテージショップ、古道具屋はこちらでまとめてます。50店も紹介してますので、お気に入りのショップが見つかるはず! →【京都】おすすめのアンティーク […]

大阪・おすすめの北欧ヴィンテージ雑貨店 完全版

今回は大阪にあるおすすめの北欧ヴィンテージ雑貨を扱っているお店を紹介したいと思います。 最近はネットショップ・通販のみのところが多いですが、ヴィンテージは1つ1つ風合いが違いますし、現物を見て購入できるのありがたいですよね。 北欧ビンテージ雑貨を探している人の参考になれば幸いです。   全国の北欧ビンテージ家具店もまとめてます。 北欧ビンテージ家具店(都道府県別)   大阪にあ […]

おしゃれなインテリアは簡単!?「北欧式インテリア・スタイリングの法則」

先日、本屋に立ち寄った時に気になる本を発見したので紹介したいと思います。 その名も… 「北欧式インテリア・スタイリングの法則」です。   「北欧式インテリア・スタイリングの法則」 うちのブログを読んでくださっている方はみなさん家具やインテリア雑貨が好きだと思います。それこそ知識も豊富で素敵なモノをたくさん持っている方も大勢いらっしゃるでしょう。 ではインテリアのスタイリングやコーディネー […]

スコープ掲載!「世界はほしいモノにあふれてる」の本・第2弾が発売!

「世界はほしいモノにあふれてる」、略して「せかほし」、みなさん見てますか? NHKで今一番おもしろい番組と言ってもいいのではないでしょうか。(人によりますけどね) 私は大好物で、毎回欠かさず見てます。 せかほし 「せかほし」は、おしゃれな有名店のバイヤーが世界各地の素敵なモノを探し求める旅に密着したドキュメンタリー番組です。 モノ好きにとっては、トップバイヤーと呼ばれる人たちがどのような視点でモノ […]

買ってみた!スコープ別注・アアルトスツール60のアッシュ(リノリウム)

遂に買いましたよ… 大人気でたびたび売り切れているアアルトスツールのscope(スコープ)別注バージョン を手に入れました。     スコープとアルヴァ・アアルトの最強タッグ。 scope(スコープ)は北欧雑貨をメインに北欧家具や国内の雑貨などを扱うショップで、NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」の「フィンランド・北欧食器」編でも特集されるほどの人気店です。 →スコープ掲載 […]

スコープ1番人気!エジプト・ティータオルを買ってみた!

みなさん、食器洗いは好きですか? 「面倒だな~」という人が大半でしょうか。 食洗器がない私は毎日手洗いをしますが、意外と食器洗いは嫌いではなさそうです。とは言ってもいつでも楽しくやっているかというとそういう訳ではないですが…。 その食器洗いという行為をさらに楽しくしてくれるお供が我が家に加わりましたので紹介したいと思います。 その名も「ジョージ ジェンセン ダマスク / エジプト ティータオル」で […]

これは持っておきたい!スコープの売れ筋トップ10!

毎回、ぶっ飛んだ内容盛りだくさんのscope(スコープ) いつ見ても楽しいですよね。 今回はその人気店スコープで2020年に最も売れた商品ランキングをご紹介したいと思います。販売金額ではなく、売上個数です。 それでは早速行きましょう。まずは10位から。 10位 イッタラ / ティーマ プレート15cm [iittala Teema] イッタラのティーマ。 北欧雑貨好きで知らない人はいないでしょう。 […]

特典が豪華!オイバ・トイッカのLINNUT買うならscope(スコープ)!

今回はスコープ(scope)で販売しているMAGIS(マジス)のオイバ・トイッカがデザインしたLINNUT(リンナット)をご紹介したいと思います。 スコープがまたもや面白いことをやってます。   LINNUT by Oiva Toikka オイバ・トイッカ(Oiva Toikka)といえば、イッタラのバード(Birds) シリーズが有名ですが、今回のLINNUTはそのバードシリーズが元に […]

期待大!東京初の都心型店舗・IKEA(イケア)原宿が4月25日にオープン!

東京の原宿駅前にIKEA(イケア)がやってきます。 私のブログでも1年ちょっと前に紹介してましたが、遂に具体的な内容が決まりました。 www.kagu.tokyo IKEA(イケア)と言えば、売り場面積がとてつもなく広いので、郊外にしか店舗がありませんが、今回はちょっと違います。 店舗面積が2500㎡なので、通常の店舗の1/10です。 都心部ですから狭くなるのはもちろんですが、どのような商品のライ […]

必見!スコープがアルテックに別注したアアルト・スツール60!

シャチョウ率いるscope(スコープ)で一番人気の家具は何だと思いますか? そう、Alva Aalto(アルヴァ・アアルト) がデザインしたスツール60です。正解したあなたはスコープ通ですね。   (追記、遂に買いました…) →買ってみた!スコープ別注・アアルトスツール60のアッシュ(リノリウム)   アアルトスツールはこちらでも紹介した大人気のスツールです。 今はなくなってし […]

北欧家具・雑貨好き必見!スコープ(scope)別注は宝の山!

いつ見ても面白いサイト。 北欧雑貨好きなら知らない人はいないのではないでしょうか。そう、みんな大好き「スコープ(scope)」です。   2020年の人気商品、こちらもあわせてどうぞ。 →これは持っておきたい!スコープの売れ筋トップ10!   スコープの記事はこちらにまとめてますのであわせてどうぞ。 →スコープ_まとめ   お得が好きな方へ開催中のセールやアウトレット […]

北欧雑貨ファン必見!没後30年「カイ・フランク」の展示会開催決定!

日程と開催場所以外の詳細は不明ですが、北欧ファンにはたまらない展示会が開催されます。 イッタラ、アラビアなどが好きな方は必見ですね。 北欧好きならまず見ておいて損はないでしょう。 むしろ、絶対に見た方がいいと思います!   日本・フィンランド国交樹立100周年記念 没後30年「カイ・フランク」 カイ・フランク(Kaj Franck)はフィンランドでは知らない人がいないと言われるほど有名で […]

オイバ・トイッカ氏との思い出。バード・ヨタカとの出会い。

今日はオイバ・トイッカ氏との思い出について。 知り合いのような言い方をしてますけど、もちろんオイバさんは私の事なんて知りません… 2009年の話です。だいぶ前の話ですね… 北欧家具が好きになり、その影響で北欧雑貨にはまりっていた頃のことです。 オイバ・トイッカ氏と言えば、 カステヘルミやフローラなどが有名ですが、今回はオイバ・トイッカ氏のもう1つの名作との出会いについての話です。   場 […]

IKEAが原宿駅前にできますよ。

遂にIKEAが都心に。。 とは言っても立川市にあるので、東京では2店舗目です。 23区内では初ということですね。 www.youtube.com 2020年の春に開業予定です。 都心ということで、今回は2500㎡、立川店の1/10程度となるようですが、都心なのでコンパクトになるのは当然ですよね。 メインターゲットは都内に住んでいる若い人でしょう。 まぁ、場所が原宿ですしね。 都内に住んでいる若い人 […]

和む。北欧、暮らしの道具店の短編ドラマ「青葉家のテーブル」

北欧や雑貨好きの方なら知っている方も多いはず。 2007年にネットショップとしてオープンした「北欧、暮らしの道具店」。 そこを運営するクラシコムがオリジナルの短編ドラマを制作してます。   青葉家のテーブル 第一話が非常に好評で、第二話も先日公開されました。   第一話「トモダチのつくりかた」   第二話「君の好きなとこ」   なんでしょうか、このほっこりと […]

ピート・ヘイン・イーク(Piet Hein Eak)もイケア(IKEA)とコラボしてました。

先日、ショルテン&バーイングスとIKEAのコラボ商品について書きましたが、他も見てると気になるものを発見しました。   これまでIKEAの商品をあまりしっかりと見てなかったんですが、今後はちゃんとチェックしてないとダメだなと思いました。 ピート・ヘイン・イークとコラボしてたりするんですからね。 知ってました? ピート・ヘイン・イークですよ。   恥ずかしながら知りません […]

無印良品で開催中の「Found MUJI Suomi Finland」に行ってきました。

この前、このブログでも紹介しました 「Found MUJI Suomi Finland」に行ってきました。   「Found MUJI Suomi Finland」 iittala(イッタラ)のTEEMA(ティーマ)っぽいものがあるなとこの前書いてましたが、やはり間違いありませんでした。 しかも一番メインのところに置かれてるので、今回一推しということでしょうか。それもそのはず、TEEMA […]

フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 展覧会情報

これは行かなくては。 アラビア、イッタラ好き必見。   フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア 茨城を皮切りに東京、岐阜、山口、大阪と巡回します。 フィンランドと日本修好100年を記念して開催される「フィンランド陶芸:芸術家たちのユートピア」では、フィンランド・デザインのゴールデン・エイジと呼ばれる1950年から1960年の陶芸作品を中心に紹介します。 シンプルでありながらも暖かみのあ […]

「世界現代工芸展・スカンディナビアの工芸」が開催されたのは1978年。

前回に引き続き、今回も図録繋がりということで。。   「世界現代工芸展・スカンディナビアの工芸」 1978年に東京国立近代美術館で「世界現代工芸展・スカンディナビアの工芸」が開催されています。 そのあと、京都国立近代美術館に巡回してます。 フィンユール追悼展が1990年なので、こちらの方が12年も古いですね。40年も前です。 その時の図録がこちら。   スカンジナビアではなく、 […]