CATEGORY

Le Corbusier

ピエール・ジャンヌレがチャンディーガルのためにデザインした家具の復刻について。

チャンディーガルのためにデザインされたピエール・ジャンヌレ(Pierre Jeanneretの家具の復刻について。 チャンディーガルはル・コルビュジエ(Le Corbusier)が都市計画を行ったインドの都市。 とはいってもコルビュジェが1人で行ったわけではなく、従兄弟のピエール・ジャンヌレ(Pierre Jeanneret)やイギリスの建築家マックスウェル・フライ(Maxwell Fry)夫妻ら […]

シャルロット・ぺリアンと日本の深い深い関係。

シャルロット・ぺリアンと日本。 Charlotte Perriand et le Japon ル・コルビュジエと柳宗悦・宗理、 そして日本に愛された、伝説の女性建築家。   遅ればせながら読みました。 シャルロット・ぺリアンと言えば、ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレと共同で家具をデザインしたりと数々の功績を残しています。   この投稿をInstagramで見る   […]

ジャン・プルーヴェ最後の弟子!早間玲子さんとは。

今回はJean Prouve(ジャン・プルーヴェ)と深いかかわりがある早間玲子さんについて。 早間玲子さんはジャン・プルーヴェのアトリエで約6年働いた実績があるとても偉大な方です。 1933年、東京生まれの早間玲子さんは、1959年に前川國男建築設計事務所に入所。ここでの前川國男との出会いが、後のフランスへの活躍に繋がります。 知らない方のために、補足すると前川國男は日本人で初めてル・コルビュジェ […]

アイリーン熱が高まる私。「アイリーン・グレイ  孤高のデザイナー」を見ました。

ル・コルビュジエを嫉妬させ、   イヴ・サンローランを魅了した   伝説のデザイナーの肖像に迫るドキュメンタリー   そうです、今回も前回に引き続きアイリーン・グレイ(Eileen Gray) について。 前回紹介した映画はル・コルビュジエとアイリーン・グレイの嫉妬・嫉妬・嫉妬の話。   今回紹介するのは、映画「アイリーン・グレイ  孤高のデザイナー」です。   &n […]

これは見てほしい。「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」

「物の価値は、創造に込められた愛の深さで決まる。」 ———— アイリーン・グレイ     この映画を見れば言葉の意味が分かりますよ。 世界でもっとも有名な建築家と言っても過言ではないル・コルビュジェ(Le Corbusier)と女流デザイナーのアイリーン・グレイ(Eileen Gray)を題材にした映画です。 アイリーン・グレイといえば、このアジャスタブルテーブルが有名ですよね […]

ピエール・ジャンヌレの家具を販売しているショップまとめ

今回は Pierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)を販売しているショップを紹介します。 オンライン・通販で買うのもいいですが、やはり良いものは自分の眼で見て買いたいですね。参考にしていただければと思います。   ジャンヌレについてはこちらでも多数紹介してます。 →ピエール・ジャンヌレ_カテゴリー   Pierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ) ピエー […]

観ますよね?国立西洋美術館で開催される「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ ピュリスムの時代」

国立西洋美術館60周年記念ということで、ル・コルビュジエに焦点を当てた展示会が開催されます。   「ル・コルビュジエ 絵画から建築へーピュリスムの時代」 世界遺産の国立西洋美術館で「ル・コルビュジエ」の原点を観る。 20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965)が設計した国立西洋美術館本館は、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。開館60周年を記念して開催される本展 […]

チャンディーガルの家具。コルビュジェとジャンヌレとホンマタカシ。時々ジャン・プルーヴェ。

2016年の話です。 場所は広島のおりづるタワー。 www.orizurutower.jp   そこで開催されてたんです、貴重な展示会が。 その名も…   ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレによるインド・チャンディーガルの家具作品とホンマタカシによる写真展 反射して、よく見えないですね。すみません。 右がル・コルビュジエで、左がピエール・ジャンヌレです。 チャン […]