CATEGORY

Alvar Aalto

大人気のアルテック・アアルトのガチャ。設置場所は?お得に買える??

アルテック(Artek)のアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)のガチャがすごいことになってますね。手に入れやすい価格帯と愛らしい雰囲気が人気の要因でしょうか。 今回はそのアルテックのガチャを紹介したいと思います。 アルテック 北欧家具 ミニチュアコレクション 〈アルヴァ・アアルト〉シリーズ 【全7種セット(レア含む)】 posted with カエレバ 楽天市場 Amazon Yahooシ […]

買ってみた!スコープ別注・アアルトスツール60のアッシュ(リノリウム)

遂に買いましたよ… アアルトスツールのscope(スコープ)別注バージョン。   スコープ別注・アアルトスツール購入! スコープとアルヴァ・アアルトの最強タッグ。 scope(スコープ)は北欧雑貨をメインに北欧家具や国内の雑貨などを扱うショップで、NHKの「世界はほしいモノにあふれてる」の「フィンランド・北欧食器」編でも特集されるほどの人気店です。 →スコープ掲載!「世界はほしいモノにあ […]

朗報!アイノとアルヴァ 二人のアアルト展が開催!

またまた楽しみな情報が。 フィンランドを代表する夫婦と言えば、アアルト夫妻。 アイノとアルヴァ。 その2人にスポットを当てた「アイノとアルヴァ 二人のアアルト」展が開催されます。   アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランドを代表する建築家、アルヴァ・アアルト(1898-1976)。 使い手の視点に立ったきめこまやかなデザインと、地域や社会に根ざした建築を目指す姿勢――その原点は、 […]

5分でわかる!アルヴァ・アアルトの家具や照明たち。

「森と湖の国」と呼ばれるフィンランド。 その自然豊かな国のフィンランドを代表する建築家である「Alvar Aalto(アルヴァ・アアルト)」は建築だけでなく、多くの家具や照明なども手掛けています。 今回はそのアルヴァ・アアルトがデザインした家具や照明を紹介したいと思います。   この投稿をInstagramで見る   TwDesign(@twdesign140)がシェアした投稿 […]

必見!スコープがアルテックに別注したアアルト・スツール60!

シャチョウ率いるscope(スコープ)で一番人気の家具は何だと思いますか? そう、Alva Aalto(アルヴァ・アアルト) がデザインしたスツール60です。正解したあなたはスコープ通ですね。   (追記、遂に買いました…) →買ってみた!スコープ別注・アアルトスツール60のアッシュ(リノリウム)   アアルトスツールはこちらでも紹介した大人気のスツールです。 今はなくなってし […]

北欧家具・雑貨好き必見!スコープ(scope)別注は宝の山!

いつ見ても面白いサイト。 北欧雑貨好きなら知らない人はいないのではないでしょうか。そう、みんな大好き「スコープ(scope)」です。   2020年の人気商品、こちらもあわせてどうぞ。 →これは持っておきたい!スコープの売れ筋トップ10!   スコープの記事はこちらにまとめてますのであわせてどうぞ。 →スコープ_まとめ   スコープ(scope) 強烈なキャラで一度見 […]

アアルト好きに朗報!Artekが表参道に日本初の直営店を。

2019年4月27日に 「永遠の相棒」を見つけ出す空間 が表参道に登場します。 「相棒」という表現がArtekらしくないような感じもしますが、このキャッチコピー好きです。 Artek(アルテック)といえばフィンランドを代表するブランドで年々人気は高まっていますね。 そのArtekですが、実はVitraの傘下ということはあまり知られてませんよね。 個人的にはアルヴァ・アアルトだけでなく、イルマリ・タ […]

大興奮!葉山で開催中の「アアルト展」に行ってきました!

遂に待ちに待ったこの日が。。 神奈川県立美術館、葉山館で開催中の「アルヴァ・アアルト展」に行ってきました。 逗子駅に到着。   逗子駅前からバスで15~20分。   海沿いを走るので、景色も楽しめますよ。   遂に到着。     アルヴァ・アアルト ―もうひとつの自然 日本では約20年ぶりとなるアアルトの大きな展覧会です。 アアルト展についてはこち […]

アルヴァ・アアルト ーもうひとつの自然 が遂に日本へ!

遂にアルヴァ・アアルトの展覧会が日本上陸です! しかも国際巡回展です。 しかもしかもこれはVitra(ヴィトラ)デザインミュージアムとアルヴァ・アアルト美術館が企画してますので、並大抵のものではありません。 ドイツのヴィトラ・デザインミュージアムを皮切りにバルセロナ、マドリード、オールボー(デンマーク)、ヘルシンキ、パリでも開催されてます。   しかもしかもしかも…   日本で […]