水栓金具はアルネ・ヤコブセンの「VOLA」が秀逸!

今日はArne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)の話。

早速ですが、これ何かわかりますか?

好きな方はご存知かと思いますが、知らなかったと言う人も意外といるのではないでしょうか?

正解はアルネ・ヤコブセンがデザインした「VOLA」シリーズの水栓金具です。

今見ても古くささを感じない、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインは、まさにアルネ・ヤコブセン!といった印象を受けます。

 

f:id:kaguisu:20191222231806j:plain

デンマーク・デザイン・センター(Dansk Design Center)通称DDCにも展示されてました。

このVOLAシリーズは1968年、デンマーク国立銀行設計時に誕生してます。

今から50年以上、半世紀も前です。

他にも

タオルハンガー

 

トイレットペーパーホルダー

 

シェルフ

 

タオルホルダー

 

フック

 

などもVOLAシリーズの一部です。

アルネ・ヤコブセンは完璧主義者ということもあり、自分が建築するものに使う様々なものを自身でデザインしてますので、とてつもない数のデザインをしています。

VOLAシリーズはどちらかと言うとメジャーではないですが、最も有名なのがSASロイヤルホテルのエッグチェアやスワンチェアでしょう。

ちなみに…

このヤコブセンデザインの「VOLA」が今でも購入できるのを知ってましたか?

これらはVOLA社から発売されており、日本ではCERA TRADINGが代理店をしてます。

 

VOLAについてはこちらを。

教会装飾の鋳物メーカーとして1873年に創業。1955年に水栓金具の専門メーカーとしてスタートしたVola社は、その後もそのシンプルなスタイルが世界で評価され続け、各国の美術館コレクションに選ばれています。

CERA  TRADING HPより

 

アルネ・ヤコブセンの製品だけでなく、フィリップ・スタルクやアントニオ・チッテリオ、セシリエ・マンツ、佐藤オオキさんなど、著名デザイナーの製品も多数作ってます。

家具だけでなく、設備関係にもこだわりだしたら、もういくらお金があっても足りないですね…

東京と大阪にショールームがあるようですので、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

あまり参考になる情報ではなかったと思いますが、いつか欲しい時が来るかもしれませんよ…

いつか…

それでは、今日はこのあたりで…

 

CERA TRADING

https://www.cera.co.jp/